恋愛感情が2年で消滅する理由と永遠の愛を手に入れる秘訣とは?

意外と大変!?身長差カップルが抱える6つの悩み

カップルでも、身長差があるカップルにはできる事とできないことがあります。

普通のカップルとは違う、身長差のあるカップル。

これは本人たちにしかわからないこともたくさんあります。

身長差があるからできることもあれば、普通のカップルができることができなかったりします。

そして今回は身長差のカップルが抱えている悩みを紹介します。

あなたが身長差カップルなら、あるある~と思いながら見てもらえると嬉しいです。

身長差カップルじゃなくても、そうなんだ~と思える内容になっています。

[adsense]

悩み1:会話が不便

身長差のカップルの特徴としては、会話がしにくいという悩みがあります。

身長に差があるからこそ、相手の耳の近くに顔が届かないので聞こえにくいことがあります。

10センチほどの身長差であれば、低い方は高い方の肩あたりに顔があるので声は届きやすいのです。

しかし身長に差があると、高い方が身長をかがめたりしなければ、聞こえにくいのです。

そして何より、人ごみの中での会話はとても大変でしょう。

そして交通渋滞が起きているときや街が音楽で溢れているときなど、声は届きにくいのです。

しかし、それを利用して相手にくっつくという手もあるのです。

「聞こえないよ~」と言って相手にもっとくっついたりできるのです。

そして身長差があるからこそ、人ごみで離れたら大変なので、離れないようにさらにくっつけれます。

身長差があるから大変なのに、逆に良い事にかわることもあるのです。

 

悩み2:ハグやキスが大変

身長差カップルが大変なのは、ハグやキスをすることです。

身長差があまりないカップルは、苦難なことじゃないこの行為が身長差には大変なのです。

ハグやキスしようにも、身長の高い方が体を縮めて、低い方は背伸びをしなければなりません。

そして、キスやハグをできても、つらい体勢になるのです。

首や腰が痛いなんて、身長の高い人は感じているかもしれません。

それならば、身長差を気にしなくてもいい自宅デートやカラオケなど、座れる場所を選ぶと身長差をさほど気にせずハグやキスができるでしょう。

身長差があるからこそ、自宅デートでいちゃいちゃできることもあるので、身長差カップルはすべてにおいて大変ということはないのです。

 

悩み3:見た目のバランスが悪い

あまりにも身長差のあるカップルは見た目のバランスが悪く見えてしまいます。

身長差のあまりないカップルほどバランスもよくお似合いに見えたりします。

バランスが悪く、お似合いに見えないこともあるのです。

身長差があるあまり、恋人に見えないなんてこともあります。

妹?なんて言われて心が痛むときもあるでしょう。

しかし、身長差も関係ないのです。

お互いが好きだったらいいのです。

最初から外見を気にしているのであれば、身長差がすごい人を選ばないでしょう。

身長差があってもこの人がいい!と思ったのです。

お似合いだなんて思われなくても二人の間にちゃんと愛があればいいのです。

 

悩み4:不意打ちのキスができない

よく見るドラマでも彼女からキスをするシーンはあります。

そしてキスは男性からでなく、女性からするときもあるのです。

愛おしくなり、自分からする女性もいます。

しかし、ここで難しいのが身長差のあるカップル。

身長差のあまりないカップルは、不意打ちでできるキスも簡単にできます。

少し、背伸びをしただけで届くのです。

でも身長差があると、背伸びだけでは到底届かないのです。

相手が体をかがめてくれないと、届かないのです。

不意打ちのキスにキュンとする男性もいる中、身長差のあるカップルはそれができないので、悔しい思いをする女性もいるでしょう。

そんな時は自宅のデートで彼がベッドに腰かけているときや、ソファに座っているときなどを狙うのです。

立ち上がっているときにはできなくても、チャンスはあるのです。

身長差があろうと、彼氏をキュンとさせることができます。

 

悩み5:ハグが若干苦痛

カップルで苦痛に感じてしまう行為はハグです。

キスよりかは、気軽にできる行為ではあります。

しかし、ハグも思ったより簡単にはいかないのが身長差のあるカップルです。

小さい彼女が大きい彼氏に抱き着くのは周りから見てもほっこりします。

なぜならば、恋人よりも子供が大人に抱き着いているように見えたりするのです。

そして大きい彼氏がなんだか木に見えるなんていうことも。

そしてハグして相手の胸あたりに顔があることで相手の心臓の鼓動を感じれて、もっとドキドキすることが身長差にはできないのです。

そしてハグからキスという流れがいとも簡単にできてしまう普通のカップル。

そして身長差カップルは女性の方が苦痛を感じることもあります。

ハグをし、彼の顔を見ようと顔を少しあげる…なんてものではないのです。

思いっきり真上を見なければ彼の顔は見えません。

そしてハグしても彼の鼓動が感じれないという、愛も感じれない、体勢も痛いなんていう悲劇もあります。

彼氏より、彼女が痛いのです。

体勢がつらいのです。

立ってのハグは苦痛を感じやすいですが、座ってのハグであればできます。

座ってのハグならばお互いの心臓の鼓動を感じれたりいつもより近い距離にいることができます。

立ってハグできない分、座ってするハグに愛をとても感じるでしょう。

彼氏は彼女を優しくハグしてあげてください。

無理につらいハグをしなくても、ハグはできるのです。

愛を感じられるハグをしましょう。

 

悩み6:歩くペースを合わせるのが大変

身長差カップルにある大変なことは歩くときにあります。

身長差があるということは足の長さも違うわけです。

基本的に男性の方が女性より歩く歩幅も広いので、身長差のあまりないカップルでも男性の方が歩くのが早いなんてことはあります。

なので身長差のカップルはもっと大変でしょう。

歩く歩幅もまったく違うのです。

彼のあるく一歩は彼女の二歩か三歩かもしれません。

彼が歩いては、彼女が小走りなんてデート、楽しくないですよね?

そんな時やっぱり男性が女性を気にしてあげて下さい。

少しゆっくりめに歩く、少し歩幅を小さくする、彼女と手をつなぐなどしてあげましょう。

これは普通のカップルにもあることなので、身長差のあるカップルは歩くときもっと気にしてあげてください。

[adsense]

まとめ:悩みも含めて身長差カップルの魅力

ここまでの記事を見て、身長差カップルって大変だなあなんて思うでしょう。

でも身長差カップルだからできることもあるし、身長差カップルだから得することもあるのです。

身長差を非難する人もまわりだけで本人たちはまったく気にしないこともあります。

しかし逆にまわりは何とも思ってなくても、本人たちが気にしていることも。

ですが、相手を身長で選んだわけではないのです。

好きだから付き合っているのです。

身長という壁に負けてはいけません。

そして普通のカップルにできないことが身長差カップルでできることもあります。

身長差だからこそ、ここがいい!なんてこともあるのです。

身長差があるから大変で苦労するというわけでもないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です