恋愛感情が2年で消滅する理由と永遠の愛を手に入れる秘訣とは?

モラハラ彼氏だとわかってても好きで別れられない理由4選から学ぶモラハラから得られるメリットとは?

あなたと彼と付き合い方を誰かに言ったら

「それってモラハラじゃん!別れた方がいいよ!」
「そんな男とは付き合ってもいいことがない!」
「傷ついて辛い思いするだけだよ!」

みたいなことを言われて彼がモラハラだと気づいた・・・

または

「モラハラだとわかってるけど好きだから別れられない・・」
「きっと彼も変わるはず!私は彼のいいところ知ってるから・・」

自分が好きで付き合った彼。

そんな彼がモラハラだったとして、それがわかっていたとしても・・・好きだから別れられない。

別れは考えても別れられずに葛藤。

という場合が結構ありますよね。

モラハラ彼氏だから別れた方がいい!

と誰が言おうが、別れられないものは仕方ないのです。
そこには彼のいいところ・彼にもメリットがあるからです。

一見、モラハラ彼氏だから別れた方がいい。

というわけではないのです。

では、一体モラハラ彼氏と別れられなかった体験をもつ女性達の別れられない理由から学ぶモラハラ彼氏の本当のメリットについてシェアしていきたいと思います。

1.男らしいところ!

もともと自分の外見にコンプレックスもあり、色々なことを自分で決めることができない性格だったので、決断力があり引っ張っていってくれる男性に憧れていて、大抵そういう人を好きになっていました。

大学生の頃に付き合っていた2つ年上の彼氏は、いつも私も引っ張っていってくれとても男らしい人でしたが、かなりモラハラな男性でした。

いつも私の馬鹿にして、
「どうせなにもできないんだから、文句は絶対いうな、俺に逆らうなよ。」
と言われていました。

時々、そんな風に自分を馬鹿にされていることが空しくなっていましたが、それでも嫌われたくないためいつも笑っていました。やはり、彼は男らしく頼りになり、外見もとても格好よくおしゃれだったので、なかなか嫌いになれませんでした。

友人などには別れるようにいつも言われていましたが、別れを告げることで彼氏にまた暴言を言われれるのではないかという恐怖もあり、なかなか別れられない日々でした。

2.知識が豊富で尊敬できる一面があったから

私は過去にモラハラ彼氏と付き合っていました。どんなモラハラかと言うとまずは束縛でした。
お休みの日は彼に会うのが絶体であり、それ以外の人と会うことなんて許されませんでした。

「友人に会いたい」

など彼以外の名前を出した途端に不機嫌になり、無視されることもあり悲しくなりました。

また毎日行動や服装チェックをされました。基本的にスカートとヒールのある靴はダメで、パンツにスニーカー、メイクは控えめにしなければなりませんでした。

会話をしていても私が自分の意見を言うようなことがあると怒ったり、理詰めで反論してきたりしました。正直否定ばかりされるので疲れましたが、私はいつも彼をおだて彼の意見に従いながら付き合いを続けました。

なぜそこまでしたのかというと、彼の事が好きだというだけでなく、尊敬していた面もあったからです。

私は彼と同じ大学院で出会い、彼は私の先輩にあたります。
ですので大学院生活について、研究について彼からいろいろと教えてもらいました。

また彼は自身の研究に関する話になると非常に熱く語りました。
研究に関しては優秀な人で知識も豊富、彼から教わることは多かったです。

ですので私の場合尊敬から愛情へ変わったこともあり、基本的に尊敬するする心が根底にあったと思います。

そのため私にモラハラをする彼の姿を見ても、熱心に研究をする知識豊富な彼の姿が頭の中でちらついて、彼を否定することができなかったのだと思います。

ですので彼との関係に疑問を感じたとき、別れたいと思い始めたときは非常に葛藤もありました。私の中で彼への尊敬の気持ちは大きかったので、別れてしまったらこれ以上尊敬できるような人に出会えないかもしれないくらいに考えていたからです。

ですから「別れたい」「別れてはダメだ」を繰り返し、なかなか踏ん切りがつかない日々を半年以上も送ることになってしまったのでした。

3.自分から離れないでいてくれたところ

上から目線の嫌味を言ってきたり、女友達と出かけると言っているのにこまめな連絡や写真を送るように支持されました。

私自身はこういう人もいるのかな、とそこまでは気にしていなかったです。

何より、親が体が弱かったことと、姉が手がかかったのでわりと放置されてたくましく育ちましたから、束縛して常にそばにいてくれるところは安心していました。

モラハラだと気付いてからは別れなければならないとは思っていたものの、自分をここまで好きでいてくれる人にはもう出会えないのではないかと不安に思うこともありました。

結局私も自分が一人になるのが怖いだけで、彼に対して本当の愛情が無かったのかもしれません。今も、とにかく人の目が気になって仕方ないタイプです。

4.悪気はないのだと思う。

ちょいちょい見せる優しさに自分のことを思ってくれているから言ってくれているのだ!と思ってしまいます。

日頃は、支配的な発言が多くイラッとしてしまい、関係ないだろ!とキレたくなるのですが、俺様な態度の中に垣間見える情の深さがあるので、好きな気持ちに負けてしまう部分でした。

彼とは関係ない話ですが、私の父がいわゆるモラハラ野郎です。

母に対してモラハラな態度を見てきましたが、けして母だけにではなく、私たち子どもにも同じような感じだったので、嫌だ!と思っていたはずが、父も実は、人思いな人で悪気はないのだと思ってきました。

似たような人を自然と求めているのかもしれません。

そのように育った分、他の人よりは免疫的な感覚があるのだとも思っています。

モラハラから学べる大切なコト

さて、いかがでしょうか?

モラハラの彼氏は一見、付き合っちゃダメ!みたいなことが言われていますが、必ずしもデメリットばかりではないし、そもそも〇〇〇の記事でも解説したようにモラハラという現象は彼氏と彼女二人で作っているわけです。

モラハラな彼氏。

ではなく

モラハラを生み出すあなた。

である可能性もあるんですね。

そして、そんなモラハラな彼氏と付き合って別れられない・・・
その関係を変えることができない時ほど

・自分の意思や主張を相手や状況でコロコロ変えてしまう。
・自分と他人との線引きラインがもてず同一化してしまう。
・意見の違いを人格否定だと捉えてしまう。
・悪気がないと思いながらも悪気をとって対話をしてしまう。
・後手後手の人生を歩んでしまっている

可能性が高かったりもします。

モラハラ彼氏はそういった自分から解放されるキッカケにもなるのです。

だから、決してモラハラ彼氏がダメだ!

とは思わなくてもいいです。

まだ好きなのですから・・・

その環境をよりいい恋愛ができる・よりいい人間関係を構築することができる自分になるキッカケになれば結果オーライです。それが後にあなたのパートナーシップの能力を格段にあげてくれるはずです

だからモラハラが悪い!ってなるんじゃなくてどうせならばモラハラ状態から学び成長できるところを意識していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です