恋愛感情が2年で消滅する理由と永遠の愛を手に入れる秘訣とは?

可愛いと彼氏の嫉妬エピソード13選|可愛いと思ってもらえる嫉妬の仕方とは?

よく、嫉妬はよくない・・イヤだ!

という価値観がありますが、面白いように嫉妬や束縛的なものが全く
ないとないでちょっと寂しさみたいなものを感じるものです。

確かに束縛も過剰になれば
「本人の人生」
を精神的にも縛る可能性があるので
窮屈感を感じてしまいますよね。

なければないで
「本当に自分の事を好きなの?」
と疑問に思い始めるはずです。

しかし、可愛い嫉妬については「私、愛されてるなぁ」というのと彼の可愛さにキュンとなりますよね。

丁度いいラインの嫉妬ならば嬉しい。

のならば、こうやって嫉妬してほしい!

を明確に言ってあげた方が彼もわかりやすいかもしれませんね。
(当然、嫉妬は嫉妬心があるからおこるので言葉で言って伝わるかわかりませんが(汗))

でも言ってみる価値はあるかもしれません。

そこで、実際に可愛いと思える彼氏の嫉妬ってどんなものだろうか?を数々の女子たちにエピソードを語ってもらいました。

もっともあなたが「ちょうどいい!」と思える嫉妬のラインを見つけてみてください。

1.心配になるから俺だけを見ていて欲しい。

バイト先が一緒で付き合うことになった彼はあまり自分の感情を出す人ではなくどちらかというと静かで落ち着いている人でしたが大学生のバイトが男女ともに多いバイトだったので彼以外のバイトの大学生の男子と話すことも多くその中でも仲が良かったバイト先の男子に彼女のことを相談されていたのですが彼が勘違いして私が口説かれていると思ったようで

心配になるから俺だけを見ていて欲しい。

と言われた時に初めて彼氏に可愛いと思ってしまいました。

嫉妬されたこと自体が初めてでしたが言い方に自信がなく寂しげな彼の表情を見て余計に可愛いと思ってしまいましたが誤解だと伝えると恥ずかしそうに照れている姿も可愛いと思いました。

2.ほかの男には触んないで!

10歳年上のカレは、普段はとても大人で嫉妬なんて縁がないと言った感じです。

私も特に彼に嫉妬などしたことが無かったので、お互い束縛せず自由に楽しんでいます。

でも、カレは私がカレの知らない人たちと飲みに行くことを実は心配していたらしく、ある日私が前の職場の若い人たちと飲みに行って帰ってきた時、急に後ろから私を抱きしめ「今日は男に触られてない?触ってない?」と聞いてきたんです。

突然のバックハグに動揺しつつも
「男の子には触ってないよ」
と言うと
「良かった。飲みに行くのは良いけど触らないで」
と言われました。

いつもは大人びたカレのそんな一面を知って「意外と嫉妬とかするんだ」と何だか可愛いなと思いました。

3.彼が女々しく泣いていました。

私が夜の出勤の日は毎回嫉妬されていました。彼からはその度に電話がかかってきて、浮気したら許さないから。とか寂しいよぉ。など言われて困らせられるのですが可愛いと思いました。

私は当時スナックでバイトしていたので嫉妬が凄かったです。

嫉妬されても、その都度彼には浮気なんてしないし、恋愛感情なんて他の男の人には抱かないから信じて安心してほしい。今度またデートしようね。の言葉を彼には伝えていました。

可愛いと思った理由は、彼は私の前では強がったり嫉妬して心配ばかりする彼の姿が本当に私の事を好きでいてくれてる思いが全身から伝わってくるので可愛く思ってしまいます。

特に泣きながら、浮気しないでね。と言われるととても彼が可愛いく思ってしまいます。

4.無言で抱き着いてくる

私が男性の幼馴染に久しぶりに親を交えて会うことになり、幼馴染なので自分は何もないと分かっていますが彼的には本当に嫌だったようでした。

行く前からちょっと口数が少ないかなとは感じていたのですが、なにも彼は言いませんでした。

帰宅後に彼はいつも通り笑顔で迎えてくれたのですが、黙ったまま抱きついてきたのは本当にかわいいなと思いました。

彼は男性として泣いたりだとか嫉妬をしているということを言ってはいけないと思っているような人なので、そういう所で何も言わずに抱き着いてきてくれたことに、わたしは驚きました。

言葉で言わなくてもしっかりと伝わりましたし、こういう一面もあるんだとかわいらしいなと思いました。

5.対抗してくるのが可愛い!

私には素敵だなと思う俳優さんがいて、その俳優さんが出るドラマや番組は欠かさず見ていました。

彼が一緒にいる間にその俳優さんが出ているドラマを見ていると、

「どこがいいんだろ?」

とか

「絶対彼女を大切にしないタイプだな」

とか、その俳優さんの悪口を横で小さな声で呟くのです。

そしてその後に必ず

「誰が一番好きなの?」

と確認してきます。

俳優さんの事を素敵だと思っても、付き合いたいとかデートしたいとかそんな感じではなく、素敵だなと思うだけなのに、彼はその俳優さんに対抗して自分のほうが大切にできると嫉妬して言うのです。CMなどにその俳優さんが出ると、テレビのチャンネルをわざと変えてみたりする事もなんだか細やかな抵抗で可愛く思ってしまいます。

6.他の男性と近づくと嫉妬するみたい。

以前、職場恋愛をして付き合ってた彼のことです。

彼はとても嫉妬深くて、いつでも私を見ているような感じでした。

職場には彼以外も、男性が何人かいて、もちろん私は仕事上、そう言ったほかの男性とも話をしなければならない時が何回もありました。

しかし、仕事以外での話で楽しくなれば、趣味の話などして、盛り上がったりすることもありました。

そんな時、決まって彼はその話の輪の中に入りこみ、私と他の男性の間に割って入ってくるのです。

最初のうちは偶然かな?と感じていたのですが、これが何度も続いたので、わざとやっているんだなと思いました。

明らかな嫉妬だと気づくまでに、時間はかかりませんでした。

とても可愛く感じました。

7.私が飲み会に行くのを心配していてかわいかったです。

私が仕事で仕事の人たちと飲み会をするときに、彼に嫉妬されました。

飲み会があると言ったら、

「はぁー」

とため息をついて「心配だなー」と言ったのが、とってもかわいかったです。

飲み会ぐらいで、そんなに嫉妬していて本当にかわいいなーと思いました。

確かに私の、職場には、男性もたくさんいますが、飲み会ぐらいで嫉妬するなんて思っていなかったから、本当にびっくりしたし、かわいいなーと思いました。

私が男性と飲み会するのが心配と言っていました。

ただの職場の人なのに、嫉妬している彼は、本当にかわいいなーと思いました。私を愛してくれているのが感じられて嬉しかったです。でもちょっと飲み会に行きにくくて困りました。男性の嫉妬は、かわいいですね。

8.海に行くと言った時

女友達と2人で毎年海に行っていたので、彼氏ができたとしも当たり前の様に友達と2人で海行ってくるからと言ったら、普段は嫉妬しないし、優しい彼が口数が少なくなりました。

どうしたのか問いただしたら彼氏いるのに女の子同士で海行くなんてナンパ待ちしてるみたいじゃん!
と言って嫉妬してくれました。

相手の友達も彼氏がいるし、その事も彼も知っているのでそんなナンパ待ちのつもりは全くなかったですし、そんな海行くぐらいで嫉妬してくれてるとは思わずつい嬉しくなってしまいました。

男性から直接LINEがきたとかで嫉妬されるなら分かるのですが、まだ何も起こってない海に行くという事だけで心配してくれるなんて可愛いなと思いました。

9.急に赤ちゃん言葉になったことです。

私の彼は、私が幼なじみの男性と一緒に話をするだけで嫉妬します。

この間もそういうことがあって、幼なじみは昔から兄弟のように接していたのでついそのようになってしまったのですが、それをみていて、急に「ねぇねぇ」と私の身体をツンツンしてきて、「あっちでご飯食べたいでしゅ」と赤ちゃん言葉になって話をするようになったんです!

あ、これは嫉妬しているな、と思った瞬間でした。
すぐさま幼なじみとは話を打ち切り、彼と一緒にご飯を食べに行きました。

こんなに感情や態度に現れるのだなと思って可愛らしく思いました。
みんなそうなのかな?それとも私の彼だけ?と少しおかしくなってしまいました。
その場にいた人にしかわからない可愛らしさがあったと思います。

10.俺が1番に見たかったのに!

大学生の時の話です。

美容院に行った帰り、そのまま居酒屋のバイトへ行きました。

バイトあがり、自撮りの写真付きで「髪切ったよ!バイト疲れたー!」と、当時の彼氏にメールをしたところ「バイト行く前に先に写真を送って欲しかった!俺が先に見たかったのに(泣きマーク)」と返信が。どうやら、バイト仲間やお客さんに、わたしが髪を切った姿を先に見られたことが悔しかったみたいです。

遠距離なので、直接会える(見る)ことはしばらくできそうになかったのに、せめて写真だけでも「先に見たかった!」と言われ、しかも普段あまり絵文字を使わない年上の彼が(泣きマーク)の絵文字を使ってくれて、なんだか可愛く感じ、キュンとしてしまいました。

11.自分のものアピール

私が彼に対してかわいいと思ったのは、私のことを狙ってる(?)と彼が感じた男性の前で、私の腰に手を回して自分のものアピールをしたときです。

私のお休みの日に、仕事で付き合いのあるクライアント先のお店に彼と遊びにいったのですが、そこの男性店員さんがなんだかちょっと前から変な感じがしてて、距離がちかかったり手を触ってきたりしてきてたんです。私はそういうコミュニケーションが激しい人なのかなと思ってたのですが、彼がそれを見て急に私の腰に手を回して自分に寄せてきたんです。

「えっ?」て思って彼の顔を見上げたら、ニヤッと笑みを浮かべて相手の男性をやや睨みつけており、、、。

そんな大げさなパフォーマンスではなかったのですが、効果はてき面だったようで、それからその男性からの独特なコミュニケーションはなくなりました。

普段束縛もまったくなく、嫉妬とは無縁の人だと思っていたので、そのような姿を見ることができて、可愛いなっておもっちゃいました。

12.誰かが好意を寄せていると思った瞬間、豹変

職場には男性事務員が私だけで、私と彼がいい仲だと知っている人はいません。

まだ付き合い立てだから、内緒でした。彼は、元々「ザ・男!」というタイプの人なのですが、ある日、下請けの方が、ふざけて何気ない会話の中に私のことを

「だって、俺、〇〇さんを愛しているもん。」

と、言ったら、彼が誰から見てもわかるような怖い顔に豹変してしまいました。

そして、低い声で「え?」と言ったのです。

みんな一斉に氷ついたのですが、咄嗟の顏の表情の変化に、彼自身も気がついていないようでした。

その場の空気を読み取り、「もう、冗談言って」と笑って和ませたのですが、私は正直な彼の反応に嬉しいのと、可愛いところがあるんだな、と今でも結構思い出しています。

13.ぶりっ子みたいな嫉妬

同じ職場だった5つ下の彼氏がいました。
私たちの関係は、職場のみんなが知っていることでした。

職場は、男女半々の割合でいる職場だったので、仕事上、他の男性スタッフと話さないわけにはいきませんでした。

それでもにこやかに話している姿をいつのまにか見られていて、話が終わると何を話していたのかと聞かれていました。

別にキレるような怒り方ではないのですが、忙しい中なんなんだよ!とこちらがキレたい気持ちが私の本心ではありました。

それだけでは、いちいちうざったいなぁと感じ、ケンカになったりもしたのですが、彼の日頃の一途さと私の実の弟よりも年下ということもあり、かわいいなぁ。と思えていました。

たぶん、同じくらいの彼ならキレていたと思います。

ただ、毎回これでもウザいかも(笑)

さて、いかがでしたか?

「それいい!」「かわいいかも!」

と思ったものもあれば、

「うーん・・それはないなぁ」

と思ったものもあるはずです。

ただ、これだけは言えることはこういった嫉妬の仕方だって毎回だったら可愛いとは思いにくいです。

普段は男らしいけど・・フッっと見る嫉妬。

だから可愛いパターンが多いのがわかりますよね。

なので、嫉妬は適度にされるのが丁度いいのがわかりますが、こればっかりは相手次第なので「こうやって嫉妬してよ!」といっても毎回やられるとうざいっちゃウザいパターンにもかりかねません。

じゃあですよ。

もっとも簡単なのってあなたが自分が可愛い!と思える嫉妬の仕方をやってみてはいかがかな?と思います。

「こうやって嫉妬すると可愛いな!」って思える。

という嫉妬をやれば彼も真似するし、「私もそうしてほしいな!」って言えばやってくれる確率もアップするかもしれませんよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です