恋愛感情が2年で消滅する理由と永遠の愛を手に入れる秘訣とは?

ご主人必見!妻が夫を惚れ直す瞬間やキュンとくる言葉9選

夫婦生活が長くなればなるほど、相手の良い面も悪い面も見えてくるものです。

ですが、結婚後何十年かを経てお互いがお互いを再評価するような時期があるとき訪れるはず。

ここでは妻が夫の言動に接して改めて夫に惚れ直すような言動を取り上げてみました。

もし今、奥さんに愛想を尽かされていると感じているのであれば、ここでお話しすることを参考に奥さんを再び振り向かせてみてください。

また、当の夫だけでなく、妻のほうも、逆の立場だからと言わずに関心を持っていただきたいと思います。

[adsense]

さりげない「ありがとう」の言葉

これは「ありごとう」という言葉を発しない夫の家庭にとって有効な内容ですが「うちの夫はよく、ありがとうといいます。」という家庭には余り効果的でないかもしれません。

しかし、欧米のように「レディファースト」の精神が昔から長く社会に浸透しているわけではありません。

むしろ、その反対の習慣が長く社会を支配していた中で育ってきた男性が多いのです。

やはりこの「ありがとう」という言葉は夫婦の間で日常的に使われているとは言えないのではないでしょうか。

しかし、夫にこの「ありがとう」を発する習慣がなくても、心の中では妻への感謝が度々湧き上がっているのは想像がつきます。

一度、勇気を出して「ありごとう」を口に出してみてはどうですか。きっと、その日の妻は普段より笑顔が多くなっているはずです。あなたに惚れ直すかもしれません。

 

家事などを積極的に手伝ってくれた時

これも「ありがとう」と同じようなご家庭で有効な行動です。

この時に気を付けたいのは、いかにも俺は手伝ってやるんだぞ、と言った雰囲気を醸し出さないことです。

そのような雰囲気を出してしまうと何かわざとらしく魂胆があっての行動ではないかと相手の心に疑心が生じかねません。

その逆に、さりげなく、少し気が向いたのでやってみた、というような態度であったほうが相手の心には素直に受け止められるでしょう。

なんといっても、邪心なき行動と相手の目に映ったほうが夫の心理にも近いのですから。

 

病気をした際に看病をしてくれた時

自分が肉体的な病気を患ったり、精神的な悩みから体調を崩したりしたときに、相手がどのように反応するかでその真意が見て取れるものです。

普段、何かにつけてつっけんどんな態度が多い夫が、たとえ態度は普段のままであったとしても、病院へ連れて行ってくれたり、熱さましの氷、水枕と世話を焼いてくれることほどうれしいことはありません。

妻は、夫の普段は見せない自分への愛情を知るとてもいい機会であったと、かえって、病気にかかったことを喜ぶことでしょう。

その逆にこういう時には、やれ仕事が忙しいとか言い訳を言って面倒を子供任せにしたりして関わらないのは絶対に避けるべきです。

熱を出して動けないでいるのは明日の自分の姿であるかもしれないと思えば、親身になれるはずです。一生懸命さを見て妻はあなたに惚れ直すかもしれません。

 

なんでもない時の急なプレゼント

誕生日や結婚記念日にプレゼントを贈るのはそう珍しい事ではありません。

夫が忘れないでいてくれるのは大きな喜びです。

「ああ、何十年たってもこの人は変わらないままでいてくれる。」と改めて、夫の気持ちが確認できるうれしい瞬間です。

では、あなたの奥さんへの気持ちをもっと効果的に伝えることを考えるといろいろなことが頭に浮かぶことでしょう。

とはいうものの、退職後であれば時間の余裕もでき、いろいろなことが可能になるでしょうが、まだ仕事にかかわっている間はそういうわけにいきません。

そんな時は、やはり、プレゼントをすることが手っ取り早く、また相手の反応がすぐ確認できるよい方法となります。

女性は、贈り物そのものへのうれしさと同時に、贈り物をしてくれる行為そのものがうれしいことだととらえる傾向にあります。

男性の場合は、行為よりも、むしろモノそのものに対する好悪によって左右される傾向にあると思います。

何の記念日でもない普通の日に

「ちょっと、似合いそうなものを見かけたので買ってしまったよ。安いものなんだが、どうだい。」

などと、さりげなく、そつのない言い方で言えば、きっとあなたに惚れ直すことでしょう。

 

トラブルを男らしく解決してくれる姿を見た時

いろいろなトラブルに遭遇したとき、あなた任せにせず、自分でことを処理しようとする姿は実にたくましく妻の目に移ることでしょう。

また、夫が表に出ないほうがよいような時でも、あなた任せにせず、いろいろなアドバイスをしたり、相談に乗ってくれたりすることはどんなにかうれしい事でしょう。

妻があなたへの信頼と愛情をより強め、惚れ直すことでしょう。

 

休日に朝ご飯を作ってくれた時

毎日の主婦業は大変なことです。休みの日などは朝寝坊をしたいと思うこともたまにはあるでしょう。

そんな妻の気持ちを察して、夫が朝ごはんを作り朝食の用意をして、自分を目覚めさしてくれたらどんなにかうれしい事でしょう。まさに惚れ直してしまいます。

何もやらずに、起きてすぐ朝食が食べられる幸せを充分に味わうことでしょう。これも、一種の夫からのプレゼントだといえます。

きっと、味噌汁の味などどうでもよくひたすら夫の愛情の深さを感じる人生で最もおいしい朝ごはんを経験する日になることでしょう。

夕食を皆食べ終わって、面白いテレビに皆が夢中になり、さて後片付けをと思って食卓に戻ると、後片付けが終わって夫が食器を洗い終えようとしていました。

普段は見せない夫の心遣いが余計心に染み入るときであります。そんな夫に改めて惚れ直す夜になるでしょう。

 

花束をプレゼントされた時

女性はプレゼントされるのが大好きです。誕生日、クリスマス、記念日などもそうですが、なんでもない時にお花などをプレゼントされると、舞い上ってしまうでしょう。

うれしさに包まれ、夫に惚れ直してしまうでしょう。

男性にとってはそれほどでもない花のプレゼントは、女性には花にそれほどの関心を持っていなくても大変うれしいものです。

まして、自分が愛情を抱いている男性からであれば最上のプレゼントになります。

 

「かわいいね」という言葉

女性はいくつになっても、若々しく見られたいものです。実際の年齢より若く見られることほどうれしいことはありません。

年齢が高まるにつれ、この傾向は強くなるようです。ですから、二十歳前の女性への褒め言葉にはあまりならないようです。

そう考えると、女性への褒め言葉としては「かわいいね」という表現がさらに上位の表現になります。

夫婦間でも、さすがに「若いね」という言葉がふさわしくなくなってくると、使えなくなってきます。

でも、「かわいいね」という言葉は60歳、いや70、80歳を越えた世間では「おばあちゃん」といわれる女性に使っても、違和感はありませんし、言われたほうも素直に喜べます。

いくつになっても、自分にそのようなほめ言葉で接してくれる夫で会ったら、改めて惚れ直すことでしょう。

 

「無理するなよ」などの労わりの言葉

家事に育児に仕事にと頑張っている妻に対して多くの夫は主婦の仕事なんだから、当たり前のことという思いを持っていると思います。

まして、自分もまだ会社で頑張っているのだからという気持ちが根底にはあるからでしょう。

しかし、妻のほうでは、より私のほうががんばっているという意識を強く持っています。そんな時に「むりするなよ」という言葉をかけられることほどうれしいことはありません。

妻は夫の言葉が口先だけのことでないことを知っているだけに深い喜びを感じ改めて夫に惚れ直す自分に気づくことでしょう。

[adsense]

まとめ:妻が夫に惚れ直す瞬間や言葉を感じ取ろう

いかがでしたでしょうか?

亭主関白な家庭ではありえないようなことが多いと思いますが、奥さんが惚れ直す時というのは、高いプレゼントなどではなく、こうした普段からの気遣いによるものがほとんどなのです。

専業主婦で家のことを全て任せている奥さんは、ある意味仕事に出ているご主人よりも大変です。

そうしたことを理解し、日頃の感謝を言葉や態度で表すことで、奥さんはご主人を惚れ直してくれます。

妻が夫に惚れ直しているような瞬間や、そういう感情をもたらした言葉が、どのように相手の心を強くとらえたかをよく理解して、さらによい表現で言葉をかけてあげることを心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です