友達から恋人に発展させたい人への6つのアプローチ


Pocket

突然ですが、友人の中に気になる人はいますでしょうか?

この質問にYESと答えたor過去に友人に気になる人がいた方は多いと思います。

しかし、友人関係から恋愛に発展させるのは、元から好意を抱いて仲良くなった関係より難しいものです。

その大部分は『これまでの関係を壊したくない』といった理由でしょう。

これももっともなのですが、そのリスクなしに恋愛に発展させるのは至難の業です。

まずはそこを理解し、なおかつ相手との関係をできるだけ壊さない方法をご紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

1:相手の好みにあった外見にする

俗にいうイメチェンですね。

これは友人関係だからこその方法だと言えます。

まずは相手にそれとなく『好きなタイプ』を聞き出します。

その後に、相手の好みに合わせて外面を変えるのです。この時点で相手に好意がある事をそれとなくアピールする事ができます。

ここで相手が難色を示したなら、今は手を引く事もありです。今後、仲良くなるにつれて可能性が出来た時に新ためてアプローチするのも一つの手です。

この方法には後で『少しイメチェンしてみたけど、やっぱり合わなかった』と言うだけで済む、といった利点もあります。

しかし、友人関係を長引かせるとそれだけ恋愛に発展する可能性が低くなるといった実験データも出ていますので、タイミングは慎重に計りましょう。

 

2:普段見せない姿を見せる

友人関係から恋愛に発展させる方法として、いつもと違った面を見せる、といった方法があります。

お互いを知っているからこそ、少しの違いにも目がいき、時にそれが恋愛関係に発展させ得る材料になります。

例えば『男性なら男らしい一面を見せる』、『女性なら、家庭的・女らしい一面を見せる』等があります。

そうする事によって、今までは意識していなかった相手に恋愛対象として見てもらえる可能性を生み出します。

これは意図的にアピールしても、相手に好意があると悟られる事が少ないので、一番簡単で手っ取り早い方法だと言えるでしょう。

 

3:二人きりになる時間を作る

単純接触効果、という言葉をご存知でしょうか?

これは、人は対象が何であれ、何度も目にしたり耳にする事により、次第にその対象に良い印象が植え付けられるといったものです。

これを利用して、気になる相手と二人きりで話す機会を作って、相手の方にさりげなく好印象を与えましょう。

例えば『今までグループ同士でし合っていない』、『仕事の話はするけどプライベートはない』、『軽く挨拶するだけの間柄』等の関係性ならその効果は顕著に現れます。

まずは、相手に良い印象を持ってもらう為に、地道に接触する事を心がけ、長いスパンでアプローチしましょう。

 

4:相手の性格や考え方を理解する

人は自分を最も理解してくれる人に、最大の信頼を置く生き物です。

時にそれは血縁関係や時間の壁さえを越えて、相手に『失くしてはならない存在』とさえ思わせます。

この心理を有効活用するにはまず、相手を理解する事が前提となります。

それも心の奥底まで見透かすレベルで、です。

相手に悩みやトラブルがあった時、率先して手助けしましょう。

その時に適当なアドバイスや、見当違いな方法を取ったのでは逆に印象を悪くしてしまいます。

相手が取るであろう・辿り着くであろう答えに、あなたが先に気付き、それを提示してあげるのです。

そうすることによって相手に『自分を理解してくれている』人という印象を与え、たとえそれまでただの友人関係だったとしても、相手の方からアプローチがある可能性も生まれます。

 

5:普段の行動に好意を織り交ぜる

ここまで紹介してきた方法が、残念ながら実を結ばなかった人は、直に好意を伝えるようにしましょう。

しかし、はじめから大胆に伝えるのではなく、会話や行動の節々にそれを織り交ぜるのです。

相手が友人関係だと思って鈍感になっているなら、多少大胆に伝える事も有効です。

実際に私の友人に幼なじみと付き合っている人がいるのですが、その人は長年(約10年)友人関係でした。

その友人は早い内から好意を抱いていたようなのですが、それがなかなか相手に伝わる事がなかったそうです。

そこで私が上記の方法をアドバイスしたところ、友人はそれとなくアピールしたのですが、それでさえ空振りでした。

その理由は、相手が完全に友人だと認識して、恋愛関係になるなど露程も思っていなかったからです。

そこでもっと大胆にアピールするように伝えると、やっとそれが功を奏して付き合う事となりました。

あとでその彼女の方に話を聞くと、『友人関係でも恋人でもどっちでも良かった』そうです。元から好きには変わりなかったので、いざ恋愛に発展すると後は早かったみたいです。

 

6:思い切って告白する

上記の方法を駆使しても、全く効果がなく、相手に好意が伝わらない、という人もいると思います。

ここまでくれば後はもう、『直に告白する』しか方法はないと思います。

しかし、告白してダメだった場合、その後も友人関係を続ける事は困難です。例え相手が・もしくはお互いに気にしていないと言っても、どこかにしこりが残るはずです。

なら、相手に気付かれないなら諦めた方が良いのか?  答えはNOです。

友人関係を続けて、相手を知っているからこそ、あなたはその人を好きになったはずです。

それは一目惚れや浅い付き合いとは違い、一生に一度あるかないかの恋愛だと言えるでしょう。

ですので、例え友人関係が壊れてしまってでも、あなたはその気持ちを伝える方が、後にどうなっても、告白しないよりは後悔が少ないです。

SPONSORED LINK

まとめ:友達から恋人になることは十分可能

ここまでの紹介方法だと、友人→恋人、と分けて考えてきましたが、そこに大きな壁があるとは思わない方が良いです。

友人として付き合っているのなら多少は好意があるはずですし、後はきっかけやタイミングの問題です。

そこを勘違いして、『友人は嫌だ、今すぐ付き合いたい』と焦ると、相手に恋愛対象としてではなく、友人として悪い印象を与える結果となっているのです。

それが振られるといった事にも繋がっていきます。

ですから焦らずに、まずは仲の良い友人→自分を本当に理解してくれる大切な人→大切な恋人、とステップを踏む事を心がけましょう。

そういう風に考えれば友人・恋愛関係に大きな隔たりはなく、大事なのは相手を理解し、必要とされる存在になる事だというのが分かるでしょう。

Pocket