好きな人とのメール頻度で注意したい4つのポイント

気になる相手が出来た時メールをしてみたいけれどもこちらから積極的に連絡をするべきか、相手からの連絡を待ってみるべきか迷ったことはありませんか?

相手と交流を持ちたいから連絡をしてみたいけれど、あまりしつこくしてしまうと嫌われてしまうかもしれないし…なんていう風に、メールを送るにも悩んでしまうのが恋愛というもの。

折角ですから、相手に良い印象を持ってもらえるようにメールでのやり取りをしたいものですが、どうすれば良いのかなんてよくわからないものですよね。

そこで今回は『気になる相手にメールを送るときの4つのポイント』についてご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

1:相手の生活リズムを把握する

まず大切なのは相手の「生活リズム」を把握することです。

相手にとって連絡を取りにくい時間帯や忙しい時に連絡をしてしまうと、せっかく勇気を振り絞ってメールをしても返事が返ってくる可能性やメールのやり取りが続く可能性が低くなってしまいます。

メールを受け取った人が連絡をもらえて嬉しいと素直に感じ取りやすい時間帯に連絡することが出来れば会話も続きやすくなりますし、自分のことを気遣って連絡してくれているという思いやりも感じ取ってくれることでしょう。

学生同士であればある程度生活のリズムは把握しやすいのですが、社会人になるとその働き方によっても大きく異なってきます。

例えば、夜勤の多い医療従事者では昼間に連絡をしても睡眠中であることが多くすれ違いになってしまったり、逆にサラリーマンの方に昼間連絡すると昼休憩中であることが多いので返信をしやすく感じてくれます。

ですが、相手の生活リズムに合わせようと無理ばかりしていると、いつかあなたが疲れてしまいます。

普段の何気ない会話の中から気になる相手の生活リズムを把握し、お互いの生活を尊重し合える配慮を持って連絡を取り合うことが大切です。

 

2:頻度は週1~3日がベスト

互いに好意を持つ者同士であれば毎日のメールのやり取りも楽しみの一つになりますが、もし片想い中なのであれば毎日連絡することはあまりお勧めできません。

あなたは気になる相手と連絡を取り合っているだけで嬉しくテンションが上がってしまうことでしょうが、相手も同じ気持ちでいてくれているとは限りません。

互いの気持ちに温度差があると、そのメールのやり取りに対する気持ちにも温度差が生じてしまいます。

もちろん、相手からメールが頻繁に送られてくるのであれば気兼ねなく返事をして構いませんが、なかなかそう上手くいきませんよね。

「毎日メールしたい!」「相手のことをもっと知りたい!」という逸る気持ちを抑え、週1~3日程度にしてみましょう。

返事をするにもそれ程負担に感じませんし、仲良くなるきっかけ作りにはちょうど良い頻度だと思います。

たくさん連絡を取ればそれだけ相手から好意を持ってもらえるというわけでは決してありません。

お互いに連絡を取っていて楽しいと感じられるかどうかが大切なのではないでしょうか。

 

3:互いに共有できる話題をふる

では、実際にどんな内容のメールを送ると会話が盛り上がると思いますか?

お勧めしたいのは「互いに共有できる話題」を相手に提供してみることです。

「今なにしてる?」といったように特に用もなさそうなメールは相手も返事をしにくいですし、タイミングが悪ければ迷惑に感じられてしまいます。

互いに共通の趣味や話題があるようであればそのことについてメールをしてみたり、とくに思い当たらなければ相手の趣味や興味のあることについて話をしてみましょう。

例えば、読書の好きな相手には「今度何か本を読みたいのだけれど、普段読書をあまりしない人でも読みやすそうな本はありますか?」と質問してみたり、PC関係の得意な人には「永代の機種変更をしようと思うのだけど、どんなところに注目して選ぶと良いかな?」などと質問してみると会話も広がりやすいことでしょう。

相手も自分にとって好きなことに興味を示してもらえると嬉しく感じますし、会話の流れから「今度一緒に買いに行く?」なんてお誘いをしてもらえるかもしれません。

 

4:メールに相手の名前を入れて送る

人というのは自分の名前を呼ばれることで自分自身が「特別な存在」として扱われる気分になる傾向があります。

これは、名前を呼ばれることで大勢の中の一人ではなく「私」という個人が尊重されている気持ちになるためだと言われています。

メールでやり取りしている時、文中に相手の名前を敢えて表記することはあまりないですよね。

もちろんそのままでも問題なく会話を続けていくことは出来ますが、せっかく気になる相手と連絡を取り合っているのですから自分の好意が相手に少しでも伝わるように文章も工夫してみましょう。

例えば、なにかお礼を伝えたいときには「ありがとう」といつもメールに書いていたけど、次回メールするときには「○○さん、ありがとう。」と名前を入れてみましょう。

単に感謝の気持ちを伝えるよりも、相手に対して気持ちが伝わりやすくなります。

この時、気を付けて頂きたいのが相手にとって呼ばれたくない呼び方をしないようにすることです。
距離を縮めたいと思い最初から馴れ馴れしくしてしまうとかえって逆効果になってしまいます。

最初の頃は「○○さん」というように少し距離を保つように心掛けましょう。

仲良くなるにつれ、自然と呼び方は変わってくるはずです。

 

好きな人の気持ちを考えた頻度でメールを送ろう

4つのポイントについて紹介させていただきましたが、いがでしたか?

大切なのは相手の負担にならないように思いやりを持つことかもしれません。

一方通行に自分の気持ちをぶつけるようなメールの仕方ではなく、相手の趣味や生活リズムなどを知り、返信に困らないように配慮しながらメールしてみると相手も気持ちよくあなたとやり取りをすることが出来ることでしょう。

メールは1つのコミュニケーションツールに過ぎません。

メールでのやり取りは会って直接会話をすることには敵わないかもしれません。

ですが、メールでのやり取りを通して、会って直接話が出来るような関係にまで仲を進展させるきっかけを作ることができます。

相手の具合が悪そうなときには体調を気遣う言葉をかけたり、互いに共通の話題で盛り上がったりしていくうちにあなたのことを身近な存在として感じてくれるようになるかもしれません。