死にたいほどの失恋から立ち直るための3つの処方箋 | ラブカレ

死にたいほどの失恋から立ち直るための3つの処方箋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「すごく好きだった人に突然振られた…」こんな時、自分が得意だったことにも集中できず、食べ物も喉を通らないことでしょう。

誰しも失恋をした経験が1度はあると思います。

その時、友達と話をしても上の空、テレビを見ていても面白くもなんともない、勉強や仕事だって手につかない・・・そんな経験ありませんか?

挙句の果ては「死にたい」なんてことを思った人も少なくないでしょう。

しかし、こんな日々を過ごしてしまってはすごく勿体無いです。

確かに失恋は辛いですが、人生それだけが全てではありません。

死にたいと思っていても、新しい恋に向かって歩いて行かなければならず、そのためには失恋からきちんと立ち直る必要があります。

そこで、今回は死にたいほどの失恋に対する対処法を3つご紹介します。

もし最近失恋してしまったのであれば、ぜひ最後までご覧ください。

SPONSORED LINK

処方箋1:縁がなかったのだと認識する

死にたいほどの失恋をしたとき、人間は冷静に物事を考えることが出来ず、誤った解釈をしてしまいがちです。

「もう誰も好きになんてならない!」

なんて決意をしてしまう人もいるでしょう。

しかし、考え方を1つ変えるだけでこうした死にたいと思う失恋から立ち直ることができます。

それは、「その人とは縁がなかった」、「あの人は運命の人ではなかった。」と認識すること。

つまり、あなたにとっての運命の人は他にいるのだとすれば、先日体験した失恋は、その運命の人と出会うための必要な試練だった…と考えられませんか?

運命の人でないにもかかわらず、死にたいと思う必要はありません。

むしろこれから運命の人に出会うのですから、本当の運命の人に会うまで生きる必要があります。

そして、運命の人に出会うまで生き続け、自分を見つめ治し、自分をさらに高める必要があります。

高めるのは外見でも良いですし、内面でも構いません。

やるべきこと、やれることはいくらでもあります。

 

処方箋2:相手を見返すことを生きがいにする

自分の運命の人は別にいるのだから、自分を磨いて、振られた相手を見返すことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

「昔の自分より優しくなろう!」
「あの時よりも多くの資格を取ろう!」

何でも構いませんから、目標を設定して、1つでも多く目標達成してみましょう。

この原動力となるのは失恋に対する怒りの感情です。

怒りは非常に大きなエネルギーを生むため、そのエネルギーを利用して失恋から立ち直るのです。

うまく利用できれば今まで達成できなかった目標を達成することが出来るかもしれません。

しかし、この怒りのエネルギーはコントロールが難しく、とても強力なので頼り過ぎると、相手に仕返しに行く・・・などといった間違った方向に進んでしまうリスクもあります。

いくら失恋したからと言ってそんなことをやってはいけませんし、やる意味もありません。

そうならないように、途中で怒りの感情から卒業することを忘れないようにしましょう。

あくまで、はじめの一歩を踏み出す原動力として怒りを利用するのです。

 

処方箋3:あえて当時のことを思い出す

死にたいと思うほどの失恋の経緯を思い出すのは非常に大変なことだと思います。

思い出すだけで辛くなったり涙が出たりすることもあるでしょう。

しかし、失恋した出来事を見つめ直すことで気持ちが楽になることだってあります。

失恋したことは悲しいし辛いことではありますが、それによって恋愛をしていた期間まで辛く悲しい思い出にする必要はどこにもありません。

楽しかった思い出は思い出として取っておくことで、また新しい恋愛に進むことができます。

そのためにも、あえて終わった恋を客観的に見直してみてください。

「どこが好きだったのか」や「印象に残っている思い出」、「嫌いだったところ」、「傷ついた出来事」、「口ぐせ」など、テーマを決めて、思いつくだけ挙げてみてください。

頭で考えると混乱するかもしれませんので、紙に書いても良いかもしれません。

また、「どうして失恋してしまったのか」や「自分のどこが悪かったのか」なども考えてみるとよいでしょう。

このように、気持ちを整理することは前進するために重要です。

死にたいと思っている状態は、失恋によって刺さったナイフがまだ刺さっている状態ですから、まずすべきことはそのナイフを抜いてあげることです。

そうすることで、時間が経つにつれて少しずつ傷が癒えていき、やがてかさぶたになって失恋の傷が完全にふさがります。

さらに時間が経てば、どこに失恋の傷があったのかすら分からなくなるはず。

失恋した直後に、無理に割り切って気持ちを整理する必要はありません・・・が、いつまでも辛いと泣いていても前に進むことはできません。

少しずつでもいいので、失恋した事実と向き合い、心に負った傷をいやしていきましょう。

SPONSORED LINK

まとめ:死にたいほどの失恋も人生の大切な経験

いかがでしたでしょうか?

全ての恋愛がうまくいくわけではなく、必ず失恋という辛い結果になってしまうこともあるでしょう。

その中で、「死にたい」と思うほどの恋をしたことがある人はそう多くはありません。

失恋は決して悪いことではなく、本当の運命の人に出会うために必要なことだったはずです。

ですから、失恋のことをあえて思い出し、気持ちを整理することで、あなたの考え方や行動の仕方も変わってくるでしょう。

今はまだ「絶対忘れない…」という気持ちかもしれませんが、いつかは絶対に前を向いて「良い経験をしたなぁ~」「いい思い出だな~」と言える日が必ずきます。

なぜなら、失恋は決して不幸なことではなく、人生の糧になる出来事だからです。

未来は必ずありますから、過去を活かして生きてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*