告白メールや告白LINEで押さえておくべき7つのポイント


Pocket

好きな人にその想いを伝える時、あなたはどのような手段で告白をしますか?

会っている時に直接、電話や手紙で伝える人もいるかもしれません。

そんな中、メールやLINEが普及している現代では、愛の告白をメールやLINEでする人も増えてきています。

ひと昔前は告白と言えば、前述したように直接会って伝えたり、ラブレター(最近は聞かなくなった気がします)を書いて渡したり、一大イベントでした。

しかし、いつでも簡単に、しかもリアルタイムで連絡ができるメールやLINEの普及は、告白という一大イベントのハードルを少し下げてくれたように感じます。

ゆっくり文章を考えてからいつでも確実に相手に想いを伝えられ、その上相手も返事がしやすいため、告白するツールとしては意外にも実用的と言えるかもしれません。

そこで今回は、メールやLINEで告白する際に押さえておくべきポイントをご紹介させて頂きます。

手軽だからこそ、丁寧にかつ慎重に送りたい告白メール。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

告白する相手との距離を縮める

告白の前に、まず下準備をしておく事が大切です。

それは、お互いの距離をしっかりと近づけておく事です。

いくら相手の事が好きで、すぐにでも想いを伝えたいと考えていても相手があなたという存在を知らなければ話になりません。

連絡先を交換したきり、ほとんど連絡もしたことのない人から突然『好きです』と言われても、『どなたですか?』で終わってしまいます。

また、数回ほどしか連絡を取り合っていない、メールやLINEのやり取りだけで会ったこともないという場合も同様です。

このような場合は、相手があなたをどのような人かを知り得る機会がほとんどないため、告白をされても相手にはOKをする理由がありません。

ですから告白をしたいと思ったのならば、まずは自分という存在をしっかりと知ってもらい、相手との距離を縮めておくことが肝心なのです。

連絡先を交換したら、適度にメールやLINEでやり取りをしたり、一度や二度は直接会って同じ時間を共有したりして、自分という人間を知ってもらいましょう。

お互いの趣味や好み、性格などがある程度わかってからでしか、相手はあなたの事を恋愛対象になるかどうかを図れません。

距離が縮まったかな?というタイミングで『○○さんは付き合っている人いる?』や、『今好きな人っているかな?』などの質問でジャブを入れておくと、告白のタイミングへ持っていきやすくなります。

この時点で、相手に脈がれば『付き合っている人はいないよ。○○さん(あなた)は?』というような、あなたの次の一言を待つ返事がくるかもしれません。

また、脈がなければ『今は忙しくて誰とも付き合う気がしなくって。』など、告白すらさせないという返事が来るかもしれません。

いずれにしろ、相手との距離を縮めておくことは、メールやLINEで告白する上で必要不可欠と言えるでしょう。

 

告白メールの送信前の宛名確認は必須!

これも告白前の基本中の基本。

送信前に宛名をしっかり確認しておきましょう。

ついさっきまでメールのやり取りしていた会社の先輩(男)に間違えて『ずっと好きでした!』なんて送ってしまっては大変です。

ましてや『オレも』なんて返信が来た日には、もう告白どころではなく、未知の世界へ足を踏み入れかねません。(あくまでも例え話です)

友達とのメールやLINEでも、ちょっとした確認ミスで違う相手に送ってしまうことは誰でも一度や二度は経験があるはずです。

友達や家族との雑談メールなら笑えますが、それが告白メールだった場合は笑えません。

直接会って言うのであれば、伝える相手を間違える事はまずありませんが、メールやLINEは宛名をきちんと確認をしなければ、確実に相手に想いを伝える事はできません。

告白メールをする際は、何度も宛名を確認してから送信することを心がけましょう。

 

告白メールは送信する時間帯が大切

次に、告白メールを送信する時間帯。

これも告白前に心得ておきたいポイントです。

朝の準備で忙しい時や仕事中などに、告白メールを送ってしまっては、あなたの大切な想いは相手の心に響きませんし、残りません。

それよりも、こんな時に大事なメールを送ってくるセンスのなさに相手は呆れて、叶う恋も叶わないかもしれません。

また、深夜や早朝では相手の迷惑になるだけでなく、自分と生活スタイルの違いを感じる事で、『この人とはお付き合いできないな』と思われてしまいます。

休みの前日の夜や休日の午後など、時間に余裕がありそうな時間帯を狙って送信するのが良いでしょう。

そのためにも、前述したように普段からの連絡のやり取りで、相手のタイムスケージュールをある程度把握しておくことが大切です。

また、告白メールの前に雑談のようなメールを送って、時間の余裕さを確認するのも良いかもしれません。

いくら気持ちやテンションが盛り上がっても、自分勝手なタイミングで送らない事。

大切な思いを伝えるワケですから、相手の都合を一番に考えて送信したほうが、良い返事がもらえる可能性が少しでも高くなるはずです。

 

告白メールは素直でシンプルな内容がベスト

告白メールを送る上で、一番注意したいのはもちろんその内容です。

せっかくの熱い想いも、ダラダラと長く語ってしまっては相手もそのテンションに疲れてきますし、しまいには怖くなってきます。

『初めて二人で会った時、君の笑顔の素晴らしさにドキドキが止まらなかった。そして、あの時も・・・。この時も・・・。』などと延々書かれていたら、相手は引いてしまうでしょう。

女性はロマンチックなシチュエーションには憧れますが、キザなセリフやねちねちとした長い文章は好まない人がほとんどです。

あまりにキレイな言葉を並べるのも『慣れている』と思われてしまい、相手から信用されません。

むしろシンプルでも、男らしさや素直さを感じられる方が、安心できて頼もしいと感じます。

たくさん伝えたい熱い想いは、お付き合いが始まってから小出しに話題にしても良いですし、相手が返事に迷った時の保険に取っておいても構いません。

とにかく、最初に送る告白メールは出来る限りシンプルな内容で、素直に想いだけを伝えた方が、相手も素直に受け入れやすく効果的といえます。

また、表現の仕方によっては相手が不快に感じる場合があります。

『ずっとあなたを見ていました。』

『いつでもどこでもどんな時も、あなたを想っています。』

などは、相手も余程あなたの事を好きでない限り、恐怖以外の何物でもありません。

ストーカーとみなされてしまうので、表現には十分注意しましょう。

 

告白メールでは目的を正確に伝える

前述のように、『告白メールはシンプルに想いを伝える』とご紹介しましたが、シンプル過ぎて結局相手とどうなりたいのかが明確になっていないと、相手を困らせてしまう結果になります。

『好きです』だけでは『ありがとうございます』と返信がきて、そのまま会話が終わってしまいかねません。

片思いとは分かっているけれど想いだけは伝えたかった。

好きだからお付き合いをして欲しい。

まずはお友達からでも良いのでもう少し突っ込んだお付き合いがしたい。

結婚前提でお付き合いしたい。

などなど、目的は人それぞれかと思いますが、とにかく、相手に好きという想いを伝える事でどうなりたいかを明確にしなければ、どのように返事をしたら良いのかわからず、相手は困ってしまいます。

メールやLINEは顔が見えない分、微妙なニュアンスが伝わりにくいため、告白メールでは正確に相手に想いを伝えることが大切です。

また、恥ずかしいからといってちょっとふざけたノリで伝えてしまうと、相手は冗談かからかっているのかと勘違いしてしまうかもしれません。

告白メールでは想いと目的を正確かつ誠実に伝える事が最大のポイントと言えるかもしれません。

 

送信メールの送り手の現状も把握しておく

これは、送る時間帯のポイントと少し似ていますが、告白メールを送る際は相手が今どのような状況かを考えてから送りましょう。

時間帯としてはちょうどくつろいでいたとしても、友達と一緒かもしれませんし、すごく楽しみにしているドラマを観ている最中かもしれません。

せっかく相手に想いを伝えるワケですから、相手があなたの想いを一人でゆっくりと考える時間がある時の方が、より相手も真剣にあなたの事を考えてくれます。

ですから、告白メールを送る前には軽い挨拶メールや雑談メールを送って、相手の今の状況を把握してから、送信するように心がけましょう。

 

告白メールの返事の催促は厳禁!

もし、告白メールを送ってすぐに返信が来なかったとしても、相手に返事の催促をしてはいけません。

相手にもすぐに返信できない事情があるのかもしれませんし、まだ返事を迷っているのかもしれません。

告白した立場としては、返事を待っている間も不安でたまりません。

だからと言って、告白の返事を急かしてしまうと、せっかく前向きに考えていたとしても、急かされた事で相手の気持ちが冷めてしまうかもしれません。

メールやLINEで告白をするであれば、すぐに返事がもらえないという事も覚悟しておきましょう。

SPONSORED LINK

告白メール『大切なのは準備』『必要なのは勇気』

いかがでしたか。

このように、メールやLINEで告白をする場合、気をつけなければならない事がいくつか挙げられます。

しかし、メールやLINEで伝える分、予めきちんと準備をして臨むことができるというメリットがあるのも確かです。

直接会って想いを伝えられれば一番良いでしょうが、もしそれが無理なのであればメールやLINEも選択肢の1つです。

好きになった相手と新たな展開を望むのであれば、勇気を出して告白をするしかありません。

勇気がないと諦める前に、メールやLINEでも構わないのでしっかりと準備をして想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

Pocket