気になる人をデートに誘う5つのベストタイミング

気になる人をデートに誘うタイミングというのはとても大切です。

どういう内容でどのように誘うかということももちろん重要なのですが、タイミングが悪いと、どれだけ誘い方が良くても失敗します。

このタイミングですが、頭ではわかっていても、なかなか良いタイミングをつかむのは難しいですよね。

何が正解なのか、自分一人ではわかりにくいところがあります。

また、あまり慎重に行動していると、タイミングを逃してしまい、あの時動くべきだったなんて後悔をすることになりかねません。

ゆっくりとしていたからといって、いい結果に結びつくとは限らないのです。

そこで今回は気になる人をデートに誘うタイミングを5つにまとめてみましたので、参考にしてみてください。

これを読めば、あなたもチャンスを逃すことなく、気になる人にアプローチすることができることでしょう。

 

タイミング1:気になる人が落ち着きを感じた時

お互いに落ち着いて話ができていると感じたら、それはデートに誘ってもいいタイミングです。

緊張していてお互いまだぎこちないのに誘っても失敗する可能性が高いですが、お互い信頼して落ち着きを感じているなら、成功することでしょう。

落ち着きを感じるということは、警戒心が解かれているということです。

信用されて、お互いに心地よい時間を過ごすことができているのならば、相手もデートに誘われても嫌な気はしません。

ただし、あまりに落ち着きすぎると、良い友人という立ち位置におさまり、恋愛に発展しなくなってしまいます。

これは本当に注意すべきことで、この落とし穴にはまって、恋愛関係になることに失敗した人がたくさんいます。

お互いに落ち着いて話せるようになっているなと感じたら即行動しましょう。

まさにそれを感じた時が、積極的に動くべきタイミングなわけです。

落ち着きに油断してはいけないわけですね。

 

タイミング2:連絡交換してから1ヶ月以内

気になる人とやり取りをするようになったら、だいたい一ヶ月以内で誘いましょう。

いいやり取りをそれだけ続けていれば、お互いの印象はいいでしょうし、デートの誘いをしても、悪いようには受け取られないと思います。

また、出会ってから間が空き過ぎると、相手もこちらになれすぎてしまい、刺激を求めようとしなくなる危険性も出てきます。

また、相手が他にも仲が良い人が居た場合、そちらにとられてしまうかもしれません。

自分がいい感じにやり取りをしているからといって、相手も自分だけを見ているとは限らないのです。

どれだけ仲が良くても、他に猛烈にアピールしてくる存在がいたら、簡単に人はなびいてしまいます。

恋人の関係でもないので浮気ではありませんし、縛る権利もありません。

隙をつかれて他の人にとられてしまっても文句を言う事はできないのです。

以上のことを考えて、だいたい一ヶ月以内くらいを目安に気になる人をデートに誘うことを目標としましょう。

 

タイミング3:好きなことで盛り上がった時

気になる人の好きなことで話が盛り上がったら、それはデートに誘うタイミングです。

好きなことが音楽だったらライブやカラオケに誘えますし、映画だったら当然映画に行きます。

他には料理が趣味だったら何か作ってもらったり、逆に作ったりすることを提案してもいいかもしれません。

ファッションが趣味だったら一緒に買い物に行ってもいいかもしれませんね。

他には食べ物の話題で盛り上がれば、今度どこどこに行こうなどと誘うこともできます。

話題を利用して、自然にデートに誘うわけです。

相手も自分が好きなことなので、のってくる可能性がぐんと高まります。

気をつけることとしては、自分が全く興味がないのに無理をして話を合わせないということです。

ある程度合わせることも必要ですが、全く知らない、どうでもいいくらいなのに無理して付き合っても苦痛なだけです。

相手も馬鹿ではないので、そんなこちらの心理を敏感に察知してきます。

無理していることが伝わると、相手も素直に楽しむことができず、ギクシャクすることになります。

自分が少しでも興味があって、相手が好きな話題があったら、デートに誘うと良いでしょう。

 

タイミング4:昼間のデートを誘える機会があった時

夜のデートというものはロマンティックな雰囲気もあっていいものですが、最初は緊張してしまうものです。

特に女性は男性に対して警戒心を持っている場合も多いです。

いきなり夜のデートに誘ってもいろいろと相手に考えられてしまい、うまくいかないかもしれません。

場合によってはギクシャクしてしまうかもしれません。

そこで、気になる人にはまずは昼間デートをする機会を狙いましょう。

映画でもいいですし、食事でも買い物でもなんでも構いません。

話の流れで昼間に二人で出かけることができそうだったら、それはデートに誘うタイミングです。

そのタイミングを逃してはなりません。

このタイミングをきっちりとつかんで、昼間のデートをすることで、相手に安心感を与えてください。

そうすることで夜のデートにもスムーズに誘える仲になることでしょう。

 

タイミング5:夜誘う時は遅くなりすぎない

先ほど昼間に誘うように書きましたが、相手が乗り気なら話は別です。

相手が乗り気なようなら夜に誘うのも一つの手です。

相手から夜のデートに誘って欲しそうな雰囲気を感じ取ったなら、それはデートに誘うタイミングです。

積極的に動いてみましょう。

夜の雰囲気というものは本来刺激的でロマンティックな部分もあり、感情を揺さぶるものがあります。

相手の気持ちが向いているのなら、夜の空気は大きな武器となります。

ただし、あまり遅くなりすぎないようにすることがポイントです。

あえて少し早めに帰すことで相手の様子をうかがうのです。

女性相手なら相手のことを思いやっているふうにも見えます。

相手に少し物足りないなと思わせるくらいでちょうどいいのです。

相手に気になってもらいましょう。

そうすることで次のデートにつなげることができます。

 

まとめ:気になる人とデートできるかは誘うタイミング次第

以上、気になる人をデートに誘うタイミングでした。

読んでみて、どうでしたか。

うなずくものも多かったでしょうか。

もちろん中には異論もあるでしょうが、それはあなたの中でうまくすり合わせて、調整してください。

このまとめをよく読んで参考にしつつ、自分の頭で考えることが大切です。

気になる人をデートに誘うには、上手に警戒心を解き、行けそうだなと感じたら、すぐに動くようにしましょう。

良いタイミングを逃さず、確実にチャンスをものにしてくださいね。