気になる人がいる人にお勧めする失敗しないアプローチ9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる人へのアプローチは慎重にしたいですよね。

失敗したくないですよね。

でも、何に気をつければいいのか、意外と難しいです。

わかるようで、いまいちはっきりしません。

そこで今回は、気になる人がいるのに、具体的にどうやって声をかけていいかわからないという人のために、気になる人へのアプローチで失敗しないための9つの方法についてまとめてみました。



1:気になる人には笑顔でアプローチ

気になる人にアプローチをする時は、笑顔にすることを心がけましょう。

気になる人と話すことは本当に楽しいんだと自分に言い聞かせ、笑顔が出るようにしたいですね。

あまり極端に作り笑いをしても仕方がありませんが、笑顔には良い印象が残るものです。

クールを売りにするのもいいですが、笑顔な方が親しみやすく、相手も話しかけたいと思うことでしょう。

 

2:話し上手よりも聞き上手になれ

人間、自分の話を聞いてもらうことは嬉しいものです。

そこで、気になる人にアプローチする時は、聞き上手になることを目指しましょう。

相手の好きなことや相談ごと、今日あったことなどの何気ない雑談など、色々な話を聞いてあげてください。

自分のことを話すことももちろんいいですが、相手の話をしっかり受け止める人は信頼されます。

一度信頼されれば、接することが増えれば増えるほど、印象はどんどん良くなります。

また、自分のことをたくさん聞いてもらったら、相手のことも聞きたいという気持ちが出てきます。

そのようにして、気になる人に、自分のことを興味持ってもらえるようになるのです。

 

3:気になる人の下の名前を呼んであげる

名字やあだ名で呼び合う仲でも悪くはありませんが、下の名前で呼び合うことができるようになると、二人の心理的距離が一気に縮まります。

そこで勇気をふりしぼって、下の名前で呼んでみましょう。

もしも相手に嫌われるのではないかという不安がある人は、冗談のように呼んでみてください。

そこで反応が悪くなかったら、今度から下の名前で呼んでもいい?と聞いてみるといいでしょう。

また、下の名前で呼ばれることある?っとストレートに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

下の名前で呼ぶという行為そのものを雑談のネタにしつつ、うまく下の名前を呼び合う関係に持ち込みたいですね。

 

4:気になる人にさりげなく視線を送る

気になる人にさりげなく視線を送ってみましょう。

あまり見つめすぎると気持ち悪がられるので、あくまでもさりげなくです。

相手が、あれ、見られている?っと少しだけでも意識すれば成功です。

何かあるのかなと思わせて、こちらに興味を持ってもらいましょう。

 

5:挨拶できっかけを作ってアプローチ

気になる人にアプローチするには、まずはきっかけ作りが大切です。

何でもいいので接する機会を増やしましょう。

一番有効なのは挨拶です。

挨拶をすることは自然で、相手も不審がることはありません。

その何気ないやり取りの中でいい印象を与えることを心がけてください。

挨拶をして、自分の存在をアピールしていきたいですね。

 

6:共通の話題を作ってアプローチ

気になる人と会話する時に有効なのが、共通の話題を作るということです。

勉強や部活動、仕事の話でもいいですし、音楽や漫画など趣味の話でもいいです。

とにかく二人で共有できることを探して、その話題を広げていきましょう。

相手も、自分が知っている話題だと自分からどんどん話してくれることでしょう。

人は自分が知っていることについて話すのは楽しいものです。

教室や職場で大勢の友人などとできないような話だと、なおさら楽しんでくれると思います。

お互いの楽しいという気持ちを発展させるためにも、共通の話題を見つけることを意識したいです。

 

7:合コンで気になる人がいたらボディタッチ

合コンで気になる人がいたらこっそりボディタッチをしてみましょう。

異性からのボディタッチというものはドキドキするものです。

よって気になる人へのアプローチとしては有効な手段であると言えます。

しかしこのボディタッチはやりすぎると逆効果になりますし、他の合コンメンバーも冷めた目で見てしまう恐れがあります。

そこでボディタッチはこっそりと自然にやりましょう。

女性が男性の足や手に軽く触れるのでも構いませんし、男性が女性の頭を軽くぽんぽんとするのでもいいです。

とにかくさりげなく、軽くボディタッチをするというのがコツです。

 

8:会社内に気になる人がいるならLINEで

会社内ではなかなか気になる人がいても、声をかけてコミュニケーションをとる時間がないですよね。

目立ちすぎると、下手したら学生時代よりも噂になりやすく業務に支障が出るかもしれません。

異性社員の印象が悪くなるかもしれませんし、場合によっては上司から釘を刺されるかもしれません。

そこで会社内で気になる人がいたら、あまり会社内では目立たないようにして、LINEなどでアプローチをしましょう。

隙を見て休憩中に軽く話しかけることくらいなら自然にできると思います。

LINEを交換することに成功すれば、後はこちらのペースで気になる人にアプローチをすることができます。

LINEを用いることで、あまり周囲に知られないようにしつつ気になる人にアプローチをするわけです。

 

9:料理を使ってアプローチ

男女ともに料理ができる人の印象はいいです。

料理ができる男性は当然女性の評価が上がりますし、料理ができる女性も、家庭的なことができることに男性が安心感を覚えます。

ホームパーティーなどの機会があったら料理ができることをアピールしましょう。

と言っても、自分はすごいという気持ちを前に出しても反感を買うだけです。

謙虚な気持ちは忘れないようにしてください。

また、料理そのものでなく、後片付けなどもさぼらずにきちんとやりましょう。

料理は好きだけど後片付けはできない、したくないという人も意外といるものです。

また、後片付けができないとだらしなく見えてしまいます。

よって、きちんと後片付けをすることでしっかりしている印象を与えることができ、信頼度が上がることになります。



まとめ:アプローチは積極性と謙虚さを忘れずに

気になる人へのアプローチの仕方についてまとめてきましたが、参考になる部分はあったでしょうか。

どれも大切なのが自分のいいところをきちんとアピールすることです。

あなたもどうせ関わるなら、いい人、楽しい人、信頼できる人と関わりたいと思うでしょう。

相手も同じです。

信用できて、魅力がある人と関わりたいのです。

よって、自分のそのような部分を積極的にアピールしていきましょう。

ただし、謙虚さを忘れないこと。

自慢話を嫌う人は多いです。

自分のいいところを出しつつも単なる自慢にならないように気をつけてください。

また、メールやLINEなどでやり取りする時も謙虚さを忘れないようにしましょう。

相手の返信が遅かったり、思ったようなリアクションをとってもらえなくても、返信を強要したり、不機嫌になったりしないようにしましょう。

このことに気をつければ、気になる人へのアプローチもうまくいくと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*