【パターン別】結婚相手に望む理想の年収について | ラブカレ

【パターン別】結婚相手に望む理想の年収について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚に際しては相手の人間性が一番なのは言うまでもありません。

ですが、夫婦として生活していくためにも、正直なところ、収入面も気になるものですね。

もちろん収入は多いに越したことはありません。

しかし、いったいどれくらいが妥当なのか、なかなか見当のつかない問題です。

今回は、結婚適齢期とされるカップルで、都市圏での生活者の場合を想定して、5つのパターンを提案したいと思います。

SPONSORED LINK

夫の収入だけならやはり年収は800万

一般的には共働きの家庭が多いと思いますが、いろいろ事情もあり、専業主婦(主夫)を選択した場合は、世帯収入としてはこれくらいが期待値といえるでしょう。

家賃、子供が生まれてからの生活、等を考えるとやはり、これくらいの収入がないと専業主婦として、安心して家事に専念できません。

しかし、実際にこれだけの年収を稼いでいる人はそう多くはいないでしょう。

特に結婚適齢期という想定では、正直無理がある金額設定になります。

でも、近い将来このくらいの金額が想定できるのであれば安心です。

あえて言えば、年収1000万という声を聞けば本当に安心ですが、まぁ、多いに越したことはありませんね。

現実的には年収が500万でも十分生活はできるでしょうが、やはり、ちょっと心もとない感じがしてしまいます。

そういったことを考えると800万という金額が妥当になってきます。

これくらいあれば、不安なく、結婚生活に入っていけるでしょう。

 

共働きをするなら相手の年収は400万

あなた自身も、結婚後も働くということであれば、これくらいでいいのではないでしょうか。

あなたの年収額によってこの値は500万であったり300万であったりします。

上述の年収800万の想定では、プラスアルファ、マイナスベータ―の加算によってあなたの年収額は変動します。

少し切り詰めれば600万程でもやっていけますから、片方が300万、あなたが300万という計算も成立します。

共働きの場合は多少金額的には少なくても、リストラなどの緊急事態にも収入がゼロになることは避けられるので、年収が800万に届かなくても専業主婦(主夫)の家庭と比べて大きな強みがあります。

失職した相手が次の職に就くまで、失業保険も合わせれば、何とか持ちこたえられるでしょう。

お互いが400万の収入があればこういった事態を乗り越えられるということで、400万という数字を算定しました。

 

自分が大黒柱なら相手の年収は200万

結婚後あなたが収入面で家庭の屋台骨を支える立場になっているのであれば、相手は200万位でも大丈夫でしょう。

自分の年収が800万くらいあれば合計1000万になり、貯蓄も可能になり、家のローンを組むことも可能になるでしょう。

もちろん、相手の年収は多い方がいいのですが、あまり無理をして健康面や家庭生活に負担がかかることは避けたいですから、あなたが200万くらい稼ぐつもりでいいと思います。

この200万という額はリスク回避のための最低限の金額と考えています。

もしあなたが200万では少し不安だと思うのであればさらに多くを目指すのは結構です。

ただ、そのために主婦(主夫)業に負担がかかって結局共働きの家庭のような生活になってしまっては本末転倒ですので、とりあえず、200万位を算定しました。

 

相手にそれなりの資産があるなら年収は100万

もし、相手にそれなりの資産があるのなら、あなたの年収は扶養の範囲で配偶者控除が受けられる100万円以下の収入でもよいかもしれません。

配偶者控除とは、毎年払う税金や健康保険料などを安くするための制度(控除)の1つのことを言います。

この控除を受けられるのが年収103万円以下と言われており、それ以上の収入を配偶者が得てしまうと控除の対象から漏れ、税金などの支払いが多くなってしまうのです。

そのため、あまりギリギリの金額で計算すると、うっかり103万円をオーバーしてしまい、扶養控除が適用されなくなってしまうことも考えられます。

そうしたことを避けるためにも、年収100万を目安にすればいいかと思います。

自宅をすでに保有しているとか、家の家業を親とともに営んでいるとかの場合は、結婚相手に望む年収は低くても充分やっていけます。

ただ、全くの無職だと将来が少し不安になるのでパートをしたり在宅ワークをしたりするなど、何らかの収入を得ることを取り組まれた方がベストでしょう。

金額にこだわるというよりも、職を持っているということの不安を解消するためのものであっても構わないでしょう。

ただ、資産があるといっても一概に鵜呑みにはできません。

家は持ち家であっても、実は親の名義であったりする場合が多いでしょう。

その場合、今後の状況次第ですべてあなたの結婚相手のものになるかどうかが不明な場合は慎重に対処すべきです。

もし、将来に少しでも不安の芽が発見されるようであればあなたの収入額も再検討しなければならなくなるかもしれません。

たとえ、資産があるとの話であっても確実に自分たちの収入になるものであるかどうかの見極めをしっかりしてください。

資産はあってもそれが自分たちのものであるのかどうかで状況は変わってくるからです。

 

結婚相手の年収をこだわらない人もいる

結婚するにあたって相手の収入を考えるのは当然ですが、中には収入度外視で結婚相手を決める人も少なくありません。

「愛があれば!」
「真面目に働いていたらいい!」
「お金がないなら二人でどうにかすればいいから」
「高望みしてもしょうがないと思う」

などという意見も多く聞かれます。

ただ、同じ「こだわらない」と回答した人でも男女でコメントの傾向には違いがあります。

男性の場合、「女性にそこまで求めない」人が多いのに比べ、女性の場合は「あった方がいいけれど、現実を考えたら無くても仕方ない」という意見が多いようです。

こうした意見を持っている人達は収入よりも

・相手を愛しく思えるか?
・相手を人間として尊敬出来るか?
・一緒にいて居心地がいいか?
・相手と一緒にいる自分%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。