片思いしている人へのアプローチの基本4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片思いの相手がいたとしても、何も行動することができないと、当然結ばれることはありません。

遠くから見守っているだけで満足という人も中にはいるかもしれませんが、普通は、なれるものなら好きな人の恋人になりたいものだと思います。

しかし、こちらが一方的に好きなだけの状態で、好きな人にどうアプローチすればいいのか、考えてみるとなかなか難しいものです。

なんとかアプローチしたいものの、どうしていいかわからない、嫌われるのがこわいなどと考えて、現状維持に甘んじている人も多そうです。

今回はそんな人たちのために、片思いの時のアプローチのポイントをご紹介します。

これだけは絶対押さえてほしいというポイントを挙げていますので、ぜひとも研究して、片思いの相手へのアプローチに活用してください。



LINEを有効活用してアプローチ

一昔前はメールが主流だったコミュニケーションツールも、現在はLINEに取って代わられていると言っても過言ではないでしょう。

特に若い人たちはスマホを持っている人でLINEを使っていない人はほとんどいないのではないかというくらい、みんなLINEを使っています。

これは有効活用するしかないですね。

具体的には、返信のタイミングを相手に合わせつつマメに連絡することと、スタンプを有効活用することです。

返信のタイミングは重要です。

あまりにも速く返信しすぎてもプレッシャーになりますし、遅すぎては印象に残りません。

そこで、相手のペースに合わせて返信するようにしましょう。

返信が速い子には比較的速く返信し、遅い子にはこちらも多少間をあけて返信するといいと思います。

様子を見ながら、無理のない範囲で返信のタイミングを速めていきましょう。

また、駆け引きとしてあえて返信を遅らせるという手もあります。

いつもすぐに返信が来ていたのに、その日に限って返信が来ないと、相手もあれ?と思います。

はやく返信が来ないかなと思ってくれる可能性が出てくるわけです。

そして次の返信の時は、いつもより盛り上げるように意識してください。

そうすることであなたとのやり取りはやっぱり楽しいなと相手に強く印象付けられることになります。

次にスタンプですが、これは今とてもかわいいもの、ユニークなものが多く出ています。

適度に会話にはさむことで会話にメリハリをつけて、この人はおもしろい人なんだなと思わせるようにしましょう。

また、相手に好きなキャラクターがいる場合は、そのキャラクターのスタンプを時々用いてもいいでしょう。

そのキャラクターの好意があなたにも向けられ、楽しい会話ができれば、高感度もぐっと上がります。

ただし、使いすぎには注意が必要です。

あまりにも使いすぎるとうっとうしいし何て返信すればいいかわからないという風に思われる危険性があります。

調子にのらないように自分をいさめつつ、うまくスタンプを入れていきましょう。

LINEをする時の注意点としては、長文を避けること、連投を避けることです。

長文はプレッシャーになります。

LINEで短い文になれていると、長文が来るだけで圧力を感じて嫌になる人もいます。

特にメールで慣れている人は、LINEばかりする人は大した文章量でなくても、長文に感じるということを意識していないと、失敗してしまいます。

自分ではこのくらい大丈夫だと思っても、相手には、長文が来たと思われるかもしれません。

連投も同じような理由でNGです。

少しくらいはいいですが、自分がLINEを見たときに通知がたくさんあったらうんざりするという人もいるので、特に注意が必要です。

以上の注意点をふまえつつ、楽しい会話をLINEですることができれば、仲を深めることができるでしょう。

 

片思いしている男性が気をつけるポイント

男性が片思いの女性にアプローチする際気をつけるポイントは、体系や顔よりも髪型、洋服、バッグなどファッションをほめるようにすることです。

体型や顔をほめても、そんなことないと思う子もいますし、逆に自信がある子だと、言われすぎていてたいして心に響きません。

その人が喜びそうな、センスあるところをほめてあげましょう。

また、ほめる時は恥ずかしがらず自然に、いいねと伝えるようにしてください。

女性は基本的にほめられて悪い気がしません。

特に自分のセンスをほめられるとうれしい気持ちになります。

こちらが何がいいと思うのか具体的に指摘することで、良く思われているんだなと相手に思ってもらえますし、好意には好意で返すのが普通なので、徐々に仲良くなることができます。

他には、女性が弱っていたら相談役になることを心がけてください。

弱っている時に優しくされると、女性は心を開きます。

その心が開いた時に女性のいいところを話し、励まし、あなたがどう思っているのか伝えるのです。

そういった時は人の誠実な思いは心に響くものです。

ぐっと二人の距離が近くなるでしょう。

ただし、だからといって、普段から相談して相談してとしつこく言うのは逆効果なので注意しましょうね。

 

片思いしている女性が気をつけるポイント

女性も基本的には相手のことをどんどんほめましょう。

自分がいいなと思うところを素直に伝えるのです。

女性の場合はストレートにいいところをほめていいと思います。

ただし、露骨に媚びるのは禁物です。

そういった態度が好きな男性もいるにはいるのですが、露骨に媚びられると冷めてしまうという男性も多いです。

よほど自信がある場合以外は避けて、スマートにアプローチした方が無難でしょう。

他には、さりげない気遣いをすることが大切です。

相手が困っていたら話を聞いて何かを貸したり、飲み物を買ってあげたりして優しくしましょう。

それだけで嬉しくなる男性は多いです。

他には、いつも笑顔を忘れないようにしましょう。

男性は明るく癒される女性に惹かれます。

片思いの相手にアプローチする時はいい表情を見せることを心がけてください。

 

素直かつ誠実な態度でアプローチ

片思いの相手に自分がどう思っているのか知られるのは恥ずかしいという人もいると思います。

気持ちはわかりますが、そういった気持ちは我慢して、素直な自分を出すようにしましょう。

相手のことをいいと思ったらほめて、自分が嬉しいと思ったら嬉しいといいましょう。

相手もそんなあなたの感情のいい動きに感化されて、いい感情をこちらに向けてくれるようになります。

また、誠実な態度を取ることも大切です。

相手にアプローチをしてもうまくいかない時もあります。

そんな時になぜこちらは好意を向けているのに振り向いてくれないんだなどと思わないようにしましょう。

悪い感情が出ると発言や態度もトゲが出てきます。

そうなってはアプローチもうまくいきません。

相手にも事情があるんだとか、相手は何が気に入らないんだろうとか、相手は何が好きなんだろうとか、相手のことを考えて思いやる気持ちが大切です。



片思いの人へのアプローチは前向きに

いかがでしたか。

片思いの人へのアプローチは前向きにやることが大切です。

後ろ向きな気持ちになるとうまくアプローチすることができません。

自分は経験がないからとか、やっても無意味だからとか、振られたらどうしようだとかそういったことを考えていては何もできません。

リスクを承知の上での行動、勇気が必要になりますし、そういった勇気を出せる人の方が、何もしない人よりも魅力的ですよね。

片思いの人へのアプローチはとにかく前向きに、頑張っていきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*