彼氏の借金が発覚した時にやるべき8つステップ


Pocket

彼氏が借金をして困っている・・・

前ももう辞める!って言ったのに・・・一体どうすれば良いのかわからない!

もしかしたら、あなたは今このような状況で困っているかもしれません。

ですが、ご安心ください。

この記事を読み終えた時、一体どうすれば彼氏が借金をやめて、あなたを大切にしてくれるのか?
がはっきりとわかるようになるでしょう。

SPONSORED LINK

1.彼氏に借金をやめさせるために知るべきこと

借金をやめさせるために、大体の女性がやってしまうのが、「借金をやめせよう」とします。

怒ってやめさせようとしたり、脅してやめさせようとしたり、泣いて頼んでやめさせようとしたり、別れをチラつかせてやめさせようとしたり、、、

ですが、実は・・
この行為そのものが、借金をやめない結果を生んでいるということには気づいていません。

「はぁーーーー!借金をやめさせたいんだから、やめさせようとするのは当たり前のことでしょ!!」

と思われたかもしれません。

ですが、今から話す理由から彼氏が借金をやめない理由がわかるでしょう。

2.彼氏が借金を辞めるとき

では彼氏さんが、借金をやめるときってどういうときだと思いますか?

何があると思いますか?

ここではすごく重要な話をします。

それが、彼氏さんが借金を本当の意味でやめるときは

「借金をやめたい」

と思ったとき以外にありません。

「そんなん当たり前じゃん!!!」

と思われたかもしれません。

ですが、これが真実なんです。

先ほどもお伝えしましたが、どれだけ、
怒ろうが、脅そうが、泣こうが、喚こうが、懇願しようが、関係ありません。

もし、やめたとしても一瞬でしょう。

再び、同じような問題が起こる可能性は高いです。

なので、ここでは、彼氏さんが本当に借金をやめるのは「彼氏が借金をやめたい」と思ったときだけだ
と覚えておいてください。

3.「借金をやめたい」と思わせるために

それでは、どうやって彼氏に借金をやめたいと思わせることができるのでしょうか?

これは、2つしかありません。

それが、「痛み」「快」です。

これはどちらかでも効果はありますが、両方がベストでしょう。

では、もう少し説明しましょう。

「痛み」とは、彼氏が痛い、辛いと思わせることになります。

ただ、この話を聞くと、じゃー彼氏がいかにおかしくて、彼女である自分がどれぐらい困るのか、どれだけのことをしているのかを実感させればいいんですね。たとえば、彼氏の家族や友人にいうとか、、、と思われるかもしれません。

これは近いですが、ハズレです。

残念ながら、それをどれだけ言われても、心には響きません。
むしろ、あなたと彼氏の関係を壊すだけでしょう。

あなたの目的は、関係を壊すことではなくて彼氏に借金をやめさせたいのですよね?

それなら、その方法は全然違います。

では、どうすればいいのか?

あなたが「別れる決断をする」ってことです。

ただ、試すために「別れる!」というのではありません。

そうではなく、「本気で別れを考える」わけです。

ただし、この方法を用いる前に考えて欲しいことがあります。

それが、「あなたは彼氏さんにとって、手放したくない彼女か?」ってことを。

あなたが彼氏にとって、重要な存在ではない場合、たとえ、本気で別れの決断をしても
彼氏さんは「あぁ、いいよ。わかった」で終わりです。

もう少し簡単に言えば、彼氏に「痛み」を与えるには、彼氏が「あなたを手放したくない!」と思っている状態で
「別れを決断する」ことが大切なのです。

どうでしょうか?

あなたと彼氏さんは一体どんな交際関係を送ってきたでしょうか?

彼氏さんにとって、あなたは「心から大切にしたい」と思われるような存在でしたでしょうか?

そして、次に「快」です。

これは、実は「痛み」とつながっています。

ようは、あなたが彼氏さんにとって、「大切な存在であること」
彼氏さんにとっての「快」になります。

もう少し簡単に言えば、この「痛み」「快」というのは、2人の関係性のことを指します。

彼氏さんが、借金という行為の先に、あなたを失うという結果を招くとしたら、、、
彼氏さんはどうするのか?ということなんです。

ただ、先ほども言いましたが、
あなたと彼氏の関係が悪ければ悪いほど、あなたを失っても痛くないため、借金はやめない可能性は高いでしょう。

しかし、あなたとの関係が良好であればあるほど、彼氏があなたを失いたくはないため、借金をやめる可能性は高まるわけです。

もしくは、、、結果的に彼氏があなたよりも借金することを取るのであれば、あなた自身も次の人生に歩む決断ができるのではないでしょうか?

もちろん、そんなんどうでもいい!今すぐ借金をやめさせたい!!と思われるのであれば、ここから先は読まなくてもいいでしょう。

なぜなら、ここで話している方法以外は、あなたと彼氏の関係を壊すか、あなたが壊れるか、彼氏が壊れるかのどれかの可能性が高いからです。

4.彼氏との関係を良好にするために

ここでは、少し考えて欲しいのですが、あなたと彼氏さんにとって、これまでの交際関係はどんなものでしたでしょうか?

感謝の言葉や、笑い声で溢れ、幸せで満ち足りている、そんな恋人関係、でしょうか?

それとも、いつも指摘をし合い、罵り合い、どちらが正しいかの議論を繰り返すような、喧嘩ばかりか、会話のないような、そんな恋人関係でしたでしょうか?

ただ、勘違いしないで欲しいのですが、私は別にどちらが正しいとか、どちらが間違いだという話をしたいのではありません。

そうではなく、事実として、どんな関係だったのか?を思い出してみて欲しいのです。

もし、お互いが傷つけあうような、または関心を示さないような関係だったなぁーと思われたとしたら、、、

ここからどんな関係を構築していくのか?がものすごく重要になります。

もし、本気でラブラブカップルになりたい!と思われたのなら・・・

さて、それでは、もう少しお伝えしていきましょう。

彼氏さんとの関係を良好にするためには、まず、一旦借金のことは置いておきましょう。

「はぁぁあぁあぁぁぁぁああ!!!借金をやめさせたいのに、借金には触れないってどういうことよ!!!!!!」

と思われるでしょう。

ですが、あなた自身、借金をやめさせるために、いろいろなことをしてきたのではないでしょうか?
もう、どんな行動をしても意味がないことはご存知でしょう。

なんども言いますが、借金ではなく、2人の関係に意識を向けることが重要であり、その関係が良好になればなるほど、借金は自然に解消していく可能性は高まります。

5.関係性を構築するために

彼氏との関係性を構築するためには、一体どうすればいいのか?ここについて説明していきたいと思います。

ここでは、初歩中の初歩になりますが、強力な方法の1つを説明しますね。

私は、恋人との関係を改善するためには、「あるセンサー」を働かす必要があると思ってます。
その「あるセンサー」を私は
「幸せセンサー」といっています。

あなたも思い出して欲しいのですが、彼氏と付き合う前は、彼氏のことを魅力的に感じていたのではありませんか?

ですが、交際して数カ月も経つと彼氏の嫌なところばかりが目につくようになった。

そして、その嫌なところに対して、指摘したり、バカにしたり、嫌味を言ったりすることで、喧嘩になり、
だんだんと話さなくなった。。。

なんてことが起きているかもしれません。

こう言った状況になる大きな原因の1つが、この「幸せセンサー」が働いていないということになります。

相手のいいところよりも嫌なところばかりを見つける「不幸センサー」をフル活動させてしまっているわけです。

そうなると、彼氏との関係を良好にしたい!とすら思わなくなるし、頑張れ頑張るほど、なんで自分ばかり頑張らないといけないのか!!!となってしまうでしょう。

なので、まずは「不幸センサー」ではなくて「幸せセンサー」を働かす訓練をする必要があります。

是非一度試してみてくださいね。

そして、ここからはあなたの彼氏がどうして借金をするのか?ということを
心という側面から説明していきたいと思います。

え?どういうこと???と思われたかもしれませんが、実は、浮気、DV、モラハラ、借金などの問題は、相手の心の状態に大きく影響している可能性が高いのです。

6.人間の心について

先ほども話しましたが、浮気、DV、モラハラ、借金などの問題は、相手の心の状態が影響してきます。

たとえば、、、あなたの彼氏さんはなぜ借金をしたのかわかりますか?

大半の人は、自制ができないからだ!と決めつける場合が多いです。

ですが、、、借金をする理由というのは、人によって違います。

パチンコやスロット等のギャンブルにはまっての借金かもしれません。

キャバクラや風俗にはまっての借金かもしれません。

大盤振る舞いした結果の借金かもしれません。

はたまた、、、

誰か(親など)を助けるための借金かもしれません。

どーーしても欲しいものがあって、それを買った借金かもしれません。

ギャンブルに勝ってあなたに認めてもらいたいのかもしれません。

ですが、「ある理由」により、本当のことはわからないのです。
もしかしたら、あなたは彼氏さんから借金の理由を聞いているかもしれません。

でも、その理由は残念ながら「本当の理由」ではありません。

こう言われて、あなたは・・・

いやいや、ギャンブルの借金だって言ってたし!

キャバ嬢にのぼせて、通ったあげく借金したって言ったし!!

良い格好をしたくてお金があるように見せて借金したと言ってた!!!

というふうに、相手が言った言葉を真実だと思ってしまうかもしれませんが、、、

それは表面的な理由が大半なのです。

では、深層心理に隠れる本当の真実とは何なのか?

ここから、すんごい大事なので、じっくりと読んでくださいね。

7.真実を見抜く

では、真実を見抜いていきましょう。

あなたの彼氏はなぜ借金をしたのか?

人間には、ある目的を達成するために、一次目的や二次目的を持つといわれます。

たとえば、わかりやすい話だと、

子供がサッカー選手になりたいと言うのですが、ある条件を課すとサッカー選手になりたくないと言います。

それが、↓これらです。

サッカー選手になると

・人から嫌われる

・給料がすごく安い

・全く時間がなく急がしい

などのネガティブな条件。

実は、サッカー選手というものは、二次目的であり、本当は、サッカー選手になったときに感じるであろう感情を得たいと言われています

・皆からすごいって言われる

・親から褒められる

・かっこいい

こういったことを感じるから、サッカー選手になりたいのであって、これらを感じない場合は、サッカー選手にはなりたいと思わないわけです。

で、話を戻します。

すなわち、、、あなたの彼氏がなぜ、借金をしたのか?

借金というのは二次目的の可能性が高く、一次目的は、自分の中で枯渇していた感情を感じたかったのかもしれません。

借金をしてまで、その感情を得たかった。

たとえば、

ギャンブルにはまっての借金

→ギャンブルで勝てば、あなたに喜んでもらえる

キャバクラにはまっての借金

→そのキャバ嬢が待つ店に行けば、自分の事を認めてくれる

大盤振る舞いした結果の借金

→皆からすごいと思われたい。仕事で成功してると思われたい。

実は、裏側の感情ってこういった場合が多いのです。

まぁ、簡単に言えば、誰かから認められたいという「尊厳欲求」を満たすために、借金という「手段」を用いている可能性が高いわけです。

それでは、なぜあなたの彼氏は「尊厳欲求」は満たそうとするのか?についてお話していきましょう。

SPONSORED LINK

8.尊厳欲求を満たす

尊厳欲求とは、自分を認めて欲しいとか、自分が存在する価値を感じたいという欲求と言われています。

ここで、あなたに質問があります。これは最初の方に話した内容と似ていますが、

あなたは、彼氏に対して尊厳欲求は満たせていましたか?

会っていた時、電話する時・・笑顔が多く、会話をしていましたか?

会話というのは、日常的なものではなく、どんな悩みを抱えているのか?どんな状況なのか?毎日何を感じているのか?

こういった、心の中まで理解していますか?いや、理解しようと思っていますか?

もしかしたら、無表情で、会話は無く、喧嘩が多く、二人にとってこの交際関係は「楽しい関係」ではなく、「痛みを感じる関係」になっていたことはありませんか?

もしくは、お互いが特に関心が無い「とりあえずなれ合いで一緒にいる関係」の状態にはなっていませんか?

彼氏さんに感謝はしてきましたか?大切にしてきましたか?
足りない足りない足りないと責めていませんか?

もし、これらをしてきた場合、尊厳欲求は全く満たされず、外(ギャンブル、他の女性など)で満たしているかもしれません。

でも、勘違いしないでください。

私はあなたが悪いと言いたい訳ではありません。

そうではなく、彼氏さんが借金をしたのにも、理由があるということです。

この理由を知ろうとせずに、「借金」という事象に囚われてしまうと、本当の理由がわからなくなるのです。

だからこそ、この「借金」をどうにかしようとしても、本質的には解決しないため、同じような問題が起こる可能性が出てきてしまうわけです。

あなた自身、ラブラブカップルになりたいと思ってて、一生懸命彼氏に尽くしたり・・など努力をしてきたのだと思います。

彼氏のためにスイーツを作ってみたり、一人暮らしで家事が苦手な彼のためにご飯を作ったり、洗濯物をしてあげたり、頑張ってきたのだと思います。

一生懸命頑張ってきたのに、認めてくれようとしない彼氏・・・

こっちも毎日仕事で疲れてるけど、、ってヘトヘトになりながら、彼氏のために頑張ってきたけど、ありがとうの一言もない・・・

褒められたことなんて、あったっけ・・・

そんなことも思ったことがあるかもしれません。

そして、挙句の果てには「借金」。。。

もういい加減にして!!!と思う気持ちは痛いほどわかります。

ですが、これ以上、あなた自身を責めても、彼氏さんを責めても解決は難しいかもしれません。

なので、この記事を読んでからは「借金」という事象ではなく、「二人の関係」というものを意識してみてください。

Pocket