ガーン・・彼氏のLINEが業務連絡ばかり!その理由と改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏とのLINEはいつも

「明日何時にする?」とか「待ち合わせ場所はどうする?」とかの

内容がそっけない業務連絡ばかり!!!

うちらは会社員かっ!!!(って確かに会社員だけどさw)

あーあ・・
たまには、何気ない会話をLINEしたり
スタンプでふざけて遊んだりしたいのに・・

〇子(友達)のとこはいっつもLINEで楽しそうにやり取りしてるみたいだし・・うらやましいな・・

こんなふうに寂しくなったり、友人カップルのところと比べたりしてむなしくなったりしてませんか?

そこで今日は、何故彼氏は業務連絡的なLINEしかしてこないのか?
そんな彼氏とどう付き合って行くかについてお伝えしていきたいと思います。

SPONSORED LINK

1.業務連絡のLINEしかしてこない理由

ではなぜ、あなたの彼氏は業務連絡のLINEしかしてこないのでしょうか?

理由を調査してみたところ下記のような理由があるようです。
・LINEは連絡ツールであって、コミュニケーションのツールではない

・LINEが長く続くのが嫌だ(めんどくさい)

・そもそもLINEで何気ない会話をするのが苦手

なるほど・・・

確かに、男の人って女の人と違ってなにかダラダラと会話するのって得意ではないですよね。
会社でみてても思うのですが、男性社員は黙々と仕事してますが
女性社員は比較的、業務内容はもちろん、そうではない事も話ながら仕事をしていることが多いように感じます。

ここから言えるのは、男性と女性って違うってことです。
女性は目的をもたない・着地点がない会話でもできる(会話が得意)なのに対して、男性はそんなに得意ではない。

この男女の違いから、連絡に関して価値の差がでるようです。

2.業務連絡のLINEしかしてこない彼氏とは別れるべき?

このように男女の違いからくるとわかっても、やっぱり業務連絡以外のフツーの日常的な連絡がこないのが嫌なのか、

ネット上でこのような
「業務連絡のLINEしかしてこない彼氏とは別れるべき?」という質問をよくみます

ですが、私は思うのです。

誰かに「別れなよ~」って言われて別れるなら
その程度のお付き合いなんですねって。
彼氏のLINEが業務連絡だけって果たして別れを左右するほどの問題なのでしょうか?

だって、、

3.好きじゃなかったら業務連絡すらしない

と思うからです。

そもそも、業務連絡でもLINEしてくる、ということは
彼氏はそういう約束事等の管理はしっかりできてるし、
あなたとの約束を大切にしているという事です。

なので見方を変えれば
真面目な性格だと言えますし、あなたを大切にしている。
とも見る事ができるのです。

なので、彼氏が業務連絡しかLINEしてこないことは別れを左右するような問題ではないですし、
むしろ、あなたとの約束を大事にしている真面目であなた思いな彼氏さんなのです。

4.どうしても日常的なLINEがしたいなら

もし、どうしても何気ない会話とかもLINEでしたい!なら
返したくなる工夫をしたLINEを送ることです。

よくそうすると「?」をいれた疑問文で送ればいいんだ!と思う人がいらっしゃいますが
そうではないです。

だって質問だと、「返さなきゃいけない」じゃないですか。決して返したいではないですよね
なので、返さなきゃいけないとちょっとしたプレッシャーになる可能性もあります。
また、送るときは自己満で送りましょうね。

「面白い事があったから伝えたくって」
とか
「○○君の好きなガンダムのグッズがあったから教えたくって」

「面白いスタンプがあったから送りたい!」
とか

このように、返信をしたくなるような内容を自己満でおくります。

この自己満がポイントです。

返信を期待すると、返ってこなかったときにガッカリしますので
自己満で送りましょう。

SPONSORED LINK

5.最後に

彼氏からのLINEが業務連絡しかなくって、それでもどーしても日常会話みたいなLINEがしたいなら、先ほど紹介したような
返信したくなる工夫をしてみましょう。

ところで、あなたは、これまで彼氏に
「なんでフツーの連絡くれないのよっ!」「返事返してよ!」とかって
ぐちぐち言ってきたでしょうか?

それなら、今すぐそれをやめてみましょう。

あなたが連絡がこない事を気にしないことが彼氏に連絡をさせる方法にもなるんです。

えっどういうこと?

だって、いつもいつも「連絡くれないっ」とか「返事返してっ!」って
ぐちぐち言ってたのが、パタって止まったら・・・

「こいつ浮気してんじゃねーか?」って彼氏は思うからです。

こうやって彼氏を動かしてみてもいいですね。ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*