女性が男性に惚れる瞬間6選


Pocket

女性が惚れる瞬間とは、一体どんな時なのでしょうか。

初対面の人に一目惚れをしたり、今まで異性として意識していなかった相手に突然惚れてしまったり、そういう瞬間はたくさんあると思います。

そこに共通点や何かしらの法則性を見出せれば、今後の参考になるのではないでしょうか。

そこで今回は、女性が男性に惚れる瞬間をご紹介したいと思います。

もし意中の女性がいるのであれば、意図的にこうした瞬間を見せることで、あなたのことを意識させることができる・・・かもしれませんよ。

SPONSORED LINK

普段は頼りない男性が、不意に男らしさを見せた瞬間

現代の男性は一昔前に比べると、身長が高くなった反面、体が細く頼りない印象を覚えます。

俗にいう草食系男子がそれに当てはまりますね。

しかし、普段は頼りなさそうに見えるからこそ、いざと言う時に男らしさを見せると女性はそのギャップに惚れてしまうのでしょう。

具体的に言えば

「見た目は細見なのに、筋肉質な腕が見えてしまった」
「いつもや温和な男性が、テキパキとハードな仕事をこなしている場面を見た」

などがあります。

男性側から見れば、このギャップを演出するのは比較的容易だと思われますので、ぜひ参考にして下さい。

しかし、男らしさを見せようと意識しすぎると、反って女性に嫌悪感を与えてします場合があるますので、そこは程々に。

 

無口でクールな男性が、ふと優しい笑みを零した瞬間

普段は無口であまり人と話さない男性が、ふとした瞬間に笑みを見せると、多くの女性はそこにときめきを感じます。

いつもは真面目でクールだからこそ、ふいに人間臭い一面を垣間見せる事で、「とっつきにくそうに思えたけど、話せば面白いかもしれない」という淡い期待を抱かせるのです。

中でも特に

『仕事がバリバリできる人』、
『隙のない感じの人』、
『少し怖そうなイメージがある人』、

など、そんな男性のふとした笑顔に魅力を感じてしまう女性が多いようです。

不意に見せる笑顔は、女性が予期していない事も相まって、今までのイメージを180度変えてしまう可能性があるのです。

 

下心のないスキンシップをされた瞬間

女性は「肩を組まれる」、「不意に手が触れる」、「頭をぽんぽんされた」など、男性側からの軽いスキンシップに弱いものです。

ただし、下心を持って接するとそれを敏感に感じ取ってしまうので、あくまで最初は軽いスキンシップに留めることが大切。

例えば、声をかける時に肩をポンポンと叩くのは限りなく自然にできるスキンシップですからおすすめです。

男性側にとってみれば、友達同士のやりとりの延長戦でも、女性にとっては男性を意識する瞬間になり得ます。

これは女性が男性に体を触れられると、可愛がられているような気分になり幸せを感じてしまうからです。

 

ふいに名字以外の呼び方で呼ばれた瞬間

親しい間柄であっても、小さい子供のように名前で呼び合う、と言うのは殊更男女間では難しいでしょう。

しかし、誰もが躊躇しているからこそ、スムーズに下の名前で呼ぶ事によって、女性が男性を意識する瞬間になり得ます。

例えば、普段は苗字に「さん」をつけて呼んでいたものを、下の名前で「ちゃん」付けして呼んでみたり、はたまたいきなり呼び捨てで呼んでみたり。

また、女友達からも呼ばれたことがないような呼び方をすると、女性も新鮮な気持ちになってキュンとさせやすい傾向があります。

このように、呼び方を変えるだけで急激に距離が縮まった感じを与え、その空気感に女性は心地よさを感じてしまうのです。

ただし、相手との距離感は重要で、初対面の人やまだまだ壁を作っている人等は下の名前で呼ぶと嫌悪感を示したり警戒したりします。

その為、下の名前で呼ぶ際には十分に仲良くなったと判断したタイミングが大事なのです。

 

ピンチの時に助けてもらった瞬間

女性が困った事があると、助けてあげた男性は好意を持たれる事が多々あります。

どんなに仕事ができ、頭の回転が速い女性でも、やはり女性は女性です。

心の底では誰かに頼りたいと思う事もあれば、その胸の内をさらけ出してしまいたいと思っている女性も多いでしょう。

しかし、人は大人になるにつれ、誰かに助けを求める事が減っていきます。

だからこそ、仕事上でアドバイスに乗る、悩み相談を聞いてあげる、初対面の困っている人を助けてあげる事によって、女性は男性にときめきを感じてしまうのです。

それは今まで異性として意識していなかった相手にも当てはまります。

なので困っている女性がいたら、率先して助けてあげましょう。

 

何かに熱中し、打ち込む姿を見た瞬間

どんな事であれ、何か一つの事に打ち込んでいる男性の姿はとても凛々しく感じるものです。

普段からは想像もできない様な表情を見せたり、脇目も振らず熱中している姿をみた女性は、その行動に「男らしさ」を感じ取り、意識し始めてしまうのです。

これは特に、仕事現場で多く見られるでしょう。

普段はストイックな姿を見せない男性であっても、ふとした仕事ぶりに惚れてしまう女性は少なくありません。

ただし、女性の視線を意識しすぎると“熱中している感”が出ているだけで逆に引かれる危険性があります。

仕事にせよ遊びにせよ、熱中している姿勢が結果的に女性をキュンとさせるので、何事にも全力で取り組むようにしましょう。

SPONSORED LINK

女性が惚れる瞬間とは“ギャップ”

いかがでしたでしょうか。

上記の特徴を見てみますと、ふとした瞬間のギャップに女性は惚れる事が多い様に思えます。

人は生きる上で、誰もがその役割を担っています。

学校での生徒や教師、職場での同僚や上司、さらには友人関係など・・・

そこに特別なギャップは存在せず、男女とも特に意識する事もなく、その役割に沿って行動しています。

しかしそんな役割という『枠』があり、人々が勝手にその枠に当てはめているからこそ、その枠をはみ出した瞬間にその人の魅力を垣間見るのです。

その魅力を発見した時こそ女性が惚れる瞬間と言っていいでしょう。

Pocket