恋に落ちた瞬間、あなたがすべき6つのアプローチ法


Pocket

誰もが一度は恋に落ちる瞬間を意識した事があるでしょう。いわるゆ『一目惚れ』です。

しかし、いざそんな場面に遭遇してもなかなか自分からアピールする事はできませんよね?

初対面の人に「一目惚れしました、付き合って下さい」と言える人は極稀でしょう。

なまじ良い返事がもらえても、お互いに良く知らないまま付き合えば後で痛い目を見る可能性も否定できません。

そんなわけで今回は、一目惚れした時のアプローチ法をご紹介しますので、是非ご参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

自分の存在をアピールする事から始める。

どれだけ付き合いたいと思っている人がいても、まずは知り合わなければ話になりません。

一目惚れ=初対面なわけですから、まずはお互いに知り合う必要があります。

まずは相手に自分を知ってもらう為に、その人と接する機会をたくさん設ける事。

これが第一前提です。

それとなく知り合いになればまずは第一ステップクリアです。後は相手に好感を持ってもらうように自然に自分の存在をアピールしましょう。

 

相手の事を知り、理解する。

まずは相手の事を知る事から始めましょう。付き合った後に「この人とは合わないな」では本末転倒です。

ですがいきなり二人で話す機会など訪れません。まずは相手の友人や同僚、周りの人から情報を集めましょう。

その情報が後に大きな意味合いを帯びてきます。二人きりで話す事になった時などは大きなチャンスです。

あなたが得た情報を元に、相手が好む話題を率先して話しましょう。

ただし、相手の事を嗅ぎ回るような真似は止めましょう。酷くなると相手に警戒される要因となってしまいます。

 

タイミング見計って食事に誘う、ポイントは「ほろ酔い」

これまでご紹介してきたのは初期段階。続いてがいよいよ勝負の時「告白」です。

「まだ早い」と思われるかもしれませんが、男女の関係は時期を逃せば永遠に友達のまま、という事が多々あります。

なので「少し早い」ぐらいが、実は勝負の時なのです。これを逃せばチャンスは逃げていくばかりです。

では、具体的にどうるすのか。まずは機を見計らって食事に誘いましょう。

断られると思って躊躇してはいけません。

相手が少しでもあなたに気があればOKしてくれますし、全くその気がなければこの先ずっとOKは貰えないでしょう。

なので、ここで勝負に出るのがベストなタイミングなのです。

食事ですが、できればお酒が入ると良いでしょう。

アルコールが入れば相手の戸惑いも緩和され、あなたの緊張もほぐしてくれます。

具体的なタイミングですが、上記の通り「ほろ酔い」です。

完全に酔ってしまうとあなたの判断力、理性に支障を来しますし、相手も同様です。

そんな場面で告白しても相手が判断がつかず、仮にOKされても次の日に覚えてなければ意味がありません。

なのでポイントは「ほろ酔い」です、これを肝に銘じておいてください。

 

相手の出方を待たず、自分から積極的に。

一目惚れというのは一種の病にも似ています。

胸がいっぱいになり、頭もふわふわとして判断力が落ちます。

そこであなたはまず、相手の事が本当に好きなのか、自分の事を見極める必要があります。

出会った時のシチュエーション、相手との関係性、その場の空気など、一目惚れは様々な要因が重なって起きる事が多いです。

そんな中で正常な判断はつきにくいでしょう。

相手の外見だけに心を奪われていないか、恋に落ちた自分に恋をしてるだけではないか。

後になって鑑みる必要性は十分にあります。

しかし、どんな出会いであっても自分が納得したのなら、それはそれで良いのです。

一目惚れ特有の恋に落ちた感覚は何事にも替え難い経験なのですから。

問題はその後です。

待っていてもチャンスは巡ってきません、

ましてや一目惚れなのですからあなたが能動的に動かなければ相手は去ってしまいます。

そこで勇気をだして自分から声をかけるようにしましょう、仮に相手から声をかけてもらってもラッキーだと思ってはいけません。

その時点で相手に主導権を握られ、その人の本当の姿が見えにくくなってしまうからです。

 

伝えたい事は相手からの話の節に差し込む

相手と気軽に話せる間柄になっても、こちらからぐいぐいと攻めると相手は戸惑ってしまうでしょう。

でも先も言った通り、タイミングを見計らい勝負の時は思いのほか早く訪れます。

それまでにあなたは、相手を知り、そして自分の事を知ってもらう必要があるのです。

ここで必要になってくるスキルは、自分からどんどん話すのではなく、聞き上手になる事です。

そして相手の話に耳を傾け、その相づちの中にさりげなくあなたの気持ちを差し込みます。

すると相手は話を聞いてくれていただけなのに、いつの間にかあなたに好感を持つ様になります。

理由のない好感を擬似的に相手に持たせる事によって、相手はあなたに対し恋に落ちたと錯覚するようになります。

 

目を見つめる。

「目を見つめる」これは簡単なようで実はとても難しい技術です。

ただ漫然と目を見つめてはいけません、あなたの底が浅いと判断され恋の対象からはじかれる可能性があります。

しかし、「この気持ちに気付いて」と目をギラつかせるのもまた逆効果です。

ならどうすればいいのか。それは相手の話に真剣に耳を傾け、あなたの事を心から理解したい、と目で訴えるのです。

そうする事によってあなたは一見では分からなかった相手の、様々な点に気がつくでしょう。

そして相手の事をより深く理解できたあなたは、相づちも適当ではなく心を込めて打つ事ができます。

人間は結局、見た目どうこうより本当に自分の事を理解してくれる人に好感を持つのです。

一目惚れという特殊なシチュエーションでもそれを肝に銘じておけば、こちらから積極的に声をかけたとしても、相手に警戒される事なく、やがては親密な間柄になっていくでしょう。

まずは相手の目を見つめて、その人を理解する事が最重要です。

SPONSORED LINK

自分なりのアプローチ法を見つける。

いかがでしたでしょうか。

ここまで色々な方法をご紹介してきましたが、上記の通り行動すれば完璧、という事はなく。人によってアプローチ法は様々です。

出会った瞬間に声をかけ、連絡先を聞いたり、食事に誘ったり、中にはいきなり告白する人だっているでしょう。

そのどれもが間違いではありません。ただ一つ言えるのは、あなたは誰かの真似ではなく、あなたにしかできないアプローチをするべきだという事です。

慣れない事をしても相手はすぐにそれを見抜きます。そこで何か裏があるのかと警戒されるよりは、あなたは自分なりの方法で相手にアピールするべきです。

これまで紹介してきたのは方法であって術ではありません。

その方法から自分なりの共通項を見出し、そして普段のあなたの行動に取り入れるのです。

そうする事によって、あなたはいつか必ず訪れる一目惚れの瞬間に、戸惑う事なくチャンスをものにできるようになるのです。

Pocket