逆ナンされる男性に共通する6つの特徴


Pocket

突然ですがあなたは逆ナンされた事があるでしょうか?

「街を歩いていたら何度か」、「一度だけ、今はその人が彼女です」、「全くない」、など様々な返事が返ってきそうです。

もちろん、容姿が良いという事は逆ナンされやすいポイントですが、実は女性に声をかけられやすい男性にはいくつかの共通する点があります。

今回はそんな『逆ナンされやすい男性』の特徴やポイントをご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

1人で時間を持て余している男性

まず『逆ナンされやすい男性』の特徴として、一人で行動し、かつ時間を持て余している、という点が挙げられます。

当然ですが、仕事であくせく動き回ったり、時計を何度もみて待ち合わせ相手を待っている等の人は、逆ナンの対象からはずされるでしょう。

具体的なポイント(場所)としては、カフェやレストラン、バーなどが挙げられます。

これらの場所で、誰と待ち合わせする事もなく、一人で時間を持て余している人は比較的声をかけられやすいです。

しかし、ただ一人でいるだけでは声はかけられません。

何かに没頭していたり、考え込んでる人に声はかけづらいですよね?

女性がこちらを見ていたらにこやかに会釈するぐらいの余裕は持ちましょう。

 

愛嬌や清潔感がある男性

女性が声をかけるターゲットとして容姿が良いというのは大きなポイントです。

しかし、あまりにも容姿が整っている男性はそれだけで何人もの女性に逆ナンされている可能性があり、女性側からみた逆ナン成功率はあまり高くないのです。

ですので女性は(男性も同じですが)、あまりにも容姿が整っている人を避ける傾向があります。

では、どういう外見が逆ナンされやすいのでしょうか?

それはまず『愛嬌のある男性』が挙げられます。

当然、仏頂面で歩いている人、無表情で何事にも関心がなさそうな人などは、声をかけづらいですよね?

ですから、常ににこやかに、あまり物事を冷めた目で見ないような男性が比較的声をかけられやすいです。

続いての特徴として『清潔感がある男性』が挙げられます。

これは当然ですね、ボロボロの服にぼさぼさの髪ではその人の生活感自体に幻滅しがちです。

常に清潔感を保つ様に心がけると声をかけられやすいかもしれません。

 

雰囲気イケメンを演出している男性

人と人との関係はつまるところ『価値観の共有』です。

身だしなみがだらしなかったり、言葉遣いが汚かったり、そういう点を人は無意識に感じ取っています。

では逆説的に考えれば、相手に好まれるポイントを雰囲気だけでも身に纏えば声をかけられやすい、という事ではないでしょうか?

その内の一つに雰囲気イケメンがあります。

これは本当に容姿が整ったイケメンではなく、顔は中の下くらいでも髪やファッションをイケメンに近づけている、といった男性が当てはまります。

男性側からみればこういう人が好意を持たれるというのは不思議に感じられると思います。

しかし、そこには上記の『価値観の共有』が関係しているのです。

雰囲気イケメンというのは決してイケメンではないが理想に近づこう、という努力の現れです。

その『理想像』が女性と合致していれば、顔はどうであれそこで価値観の共有が生まれます。

女性はそこに同じ『理想像』を感じ取り、「会話が弾む」「趣味が合う」などを予想し、その結果声をかけるのです。

しかしこれは雰囲気イケメンだけに当てはまるのではありません。

本が好きな女性には文学男子っぽく、尖ったファッションの女性には前衛的なファッションで。

もし声をかけられたい女性像があるなら、まずは男性の方から声をかけられやすい雰囲気を纏わなければいけないのです。

 

逆ナン目的で街に出る男性

人が行動する時、そこには必ず理由が存在します。

これは用がなければ家をでない、とも言えます。

しかしそれでは逆ナンなど発生しないのではないでしょうか?

皆が皆、何かしらの用事があって街に出ているなら声をかけたところで「急いでいるので」と一蹴されるのではないでしょうか?

これは半分が正解です。

しかしもう半分は『目的自体が逆ナン』という人が存在するという事です。

カフェやバーで時間を潰している人の約半数は声をかけられるのを待っているのではないでしょうか?

これは相手の仕草、行動などを観察すれば自ずと判断できる類いのものです。

あなたが男性でも女性でも、相手の目的が逆ナンだと判断できれば、失敗を恐れず声をかけてみる事をお勧めします。

 

逆ナンの穴場スポットにいる男性

女性から声をかけられやすい場所としてカフェやバーを挙げましたが、それらは逆ナン目的で、という人も多いと思います。

それとは別に、気分が高揚しているからという理由で声をかけられやすいのがライブ会場です。

遊園地やテーマパークといった例もありますが、一人で訪れる人は珍しいでしょう。

しかし、ライブ会場なら一人で来ていても不思議ではなく、かつ共通の趣味がすでにそこに存在しているのです。

よくミュージシャンがMCで会場のお客さんに語りかけるというシーンがあります。

そこで決まり文句のように発するのが「ライブをきっかけに付き合った人」という質問です。

実際にライブを見に行くと、そういう質問に挙手する人は比較的多くみられます。

ライブ前やライブ終わりは周辺が混雑し中々帰路につき難いですのですが、裏を返せば声をかけられる余裕を生んでいる、という事にもなります。

実際、女性二人でライブに足を運んでいる人に、「写真を撮って下さい」と声をかけられる場面は多くみられます。

普段ならそんな声をかけないような人でも、同じミュージシャンのライブに来ている人、という認識はどこか相手に対して警戒を薄めるのでしょう。

そこから友人や恋人関係に発展する、といった事も多いに期待できます。

音楽を良く聞く人でもライブまでは行かない人は多くいると思いますが、そこでしかない体験や出会いがあるので、是非ライブ会場へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

どんな場面でも逆ナンされる可能性はある

ネットで女性から声をかけた理由としてコメントされていたものをご紹介します。

「顔がタイプだったから連絡先を教えた」、
「100%好みの顔で、チャンスを逃したくなかった」、
「百貨店で店員に惹かれ、すぐにLINEを交換し食事に行った」、
「学生の頃、バスや電車が同じ他校の人に一目惚れをして声をかけた」、
「二度と出会えないと思える様な人だったので」、
「趣味が合いそうだったから」

このように声をかけられる場所、瞬間は人それぞれです。共通して言えるのは容姿だけが全てではないという事ですね。

 

逆ナンされたいなら心を開いて街へ出よう

いかがでしょうか? これまでいくつか『逆ナンされる男性』の特徴をご紹介してきましたが、一つだけ確かなのは『外へ出ないと可能性はない』という事です。

当たり前ですが、家に引き籠もっていては女性に声などかけられないでしょう。

「仕事が忙しいから」、「休日はゆっくりしたい」、そう考えていらっしゃる方は大勢いると思います。

しかし、家の中にいるだけでは心まではリフレッシュし難いでしょう。

一見、疲れるように見える外出でも、そこで思わぬ体験や出会いに触れ、塞ぎがちだった心が晴れやかになる、といった事は誰にでも起こり得ます。

予期せぬ出会いに期待を膨らませて、たまには目的もなく外出してみるのも良いかもしれませんね。

Pocket