ドライブデートを楽しく過ごせる11のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるあの人とドライブデートに出掛けることになったけれど、失敗せずに一日を楽しく終えるにはどうすれば良いのか悩んだ経験はありませんか?

普通のデートと少し違ったドライブデートではそんな悩みを抱えている人が意外とたくさんいます。

2人の関係が良い方向に発展できるようにするためには一つ一つのデートがとても大切なので、楽しい一日を過ごせるようにしたいですよね。

そこで、今回は『ドライブデートを楽しく過ごせる11のこと』を紹介させていただきます。

SPONSORED LINK

1:こまめに休憩を取るようにしましょう

せっかくのドライブデートですから、二人とも楽しく感じられる一日を過ごしたいところですが、男女の感覚の違いから失敗してしまうケースも珍しくありません。

感覚の違いとして1つ重要なのが「トイレ」に関する問題です。

男性と女性では身体の構造が異なるため、男性に比べて女性の方が尿意を感じやすい傾向にあります。

そのため、高速道路で渋滞に巻き込まれた時や寄り道するポイントがなかなかない一般道を走行中、女性はトイレ休憩を取れないことに焦りを感じやすいのです。

そういった事態を未然に防ぐためにも、ドライブ中には休憩をこまめにとるようにしましょう。

また、「トイレ」について女性の方から言い出すのを恥ずかしく思う方も多いので、男性側からさりげなく休憩を取れるように気遣ってあげられると理想的です。

また、適度な休憩はドライバーにとっても気分転換になりますので、安全運転にも繋げることが出来ます。

 

2:車内BGMは交互に選びましょう

ドライブデートを盛り上げてくれる車内BGMですが、ここに意外な落とし穴が合ったりします。

彼女に喜んでもらおうと自分の好きなCDをたくさん用意して次々にかけている男性が多いようですが、隣で聞いている彼女は少しつまらなさそうな表情を浮かべているかも…。

本人にしてみれば「自分の好きな音楽を知ってもらえるし、嬉しいな」「この曲は良い曲だからきっと彼女も気に入るはずだ」とデートを盛り上げる気持ちでしているのでしょうが、あなたの好きな音楽が相手にとっても好きな音楽であるとは限りません。

まだ付き合いが浅く相手の好みを把握しきれていないようなら「自分だけが楽しめる車内BGM」を流すのは止めにしましょう。

自分のお勧めの曲を交互にBGMにすることで、お互いの趣味を知る良いきっかけになるはずです。

 

3:時には運転を替わるようにしましょう

長い時間運転していると本人も気づかないうちに疲労が蓄積されていたりします。

そんな時、「つぎの休憩ポイントまでは私が運転してみても良いかな?」と提案してみて下さい。

普段から運転している彼女からの提案であれば、彼も安心して運転を任せることができ、ゆっくりと身体を休めることが出来るでしょう。

ただ、あまり他の人に車を運転されたくないという人もいますので、無理に替わることを勧めないように気を付けましょう。

 

4:車内は綺麗に保ちましょう

ドライブデートの時、自分の身なりや振る舞いに気を付けて過ごす人は多いのですが、意外と忘れがちなのが「車内の環境」に対する気配りです。

自分の愛車でドライブデートに出掛けたはいいけれど、彼女が帰った後車内が汚い…なんてことになってしまったら、次からはあまり車に乗って欲しくないなという不快な気持ちを相手に抱かせてしまいます。

相手のプライベートな空間を平気で汚せるということは、彼女自身の家も汚いのだろうなと「だらしない人」というレッテルを貼られかねませんので、気を付けるようにしましょう。

 

5:助手席では寝ないのがマナーです

朝早く集合して遠出をしたとき、助手席に座っていると睡魔が襲ってきてついつい寝てしまったなんて失敗を経験している人もいます。

助手席に座っている時は、体調不良という状態でなければ、どんなに眠くても我慢するのが最低限のマナーです。

運転をしてくれている相手も同じように早起きしていますので、眠たいのはお互い様。

そんな時に助手席に座っている人が気持ちよく眠っている様子を見るとつい苛立ちを覚えてしまっても仕方ありません。

 

6:しつこく話しかけないようにしましょう

運転をしていると、対向車や歩行者など様々なものに対して注意をしているので集中が必要な状態にあります。

そんな時あまりしつこく運転している相手に声をかけてしまうとその集中力を奪いかねません。

2人きりの空間にはしゃいでしまってしつこく話しかけてしまうと、運転手から嫌われかねませんし、事故を引き起こしてしまう可能性があります。

いつものデートの時よりも少し大人しくしてみるように心掛けましょう。

 

7:道順をよく調べておきましょう

せっかくのドライブだからと遠出をしてみても、慣れない道のせいで間違ったところで曲がってしまったりすることありますよね。

一度道を間違えてしまうと思わぬ時間ロスになってしまったり、相手にも不安を与えてしまいます。

最近ではレンタカーでもカーナビ付きのものが多いのですが、カーナビがない場合には自力で目的地へと向かわなければなりません。

そういったケースの時には事前にしっかりと経路を確認し、車内に地図を積んでおいたりインターネットで確認できるように準備しておきましょう。

目的地まで安全かつスムーズに辿り着けるよう、事前準備をしっかりするようにしましょう。

 

8:気配りを忘れないようにしましょう

運転している人はもちろんのこと、助手席に座る人も意外と疲れていたりします。

密室の息苦しさから乗り物酔いになってしまったり、空調のことを上手く言い出せず寒い思いをしていたり…運転している方が大変なんだという考え方ではドライブデートは成功しません。

普段と違う環境にいるのですから相手を思いやる気配りが大切です。

相手が酔ってしまいそうな無理な走行はしないように心掛けたり、コンビニやサービスエリアでの休憩・空調調節について「大丈夫?」と一声かけてもらえるだけで、隣に座る人は心地よく過ごすことが出来ます。

ドライブデート中、運転をしてもらっている相手に悪いからとなかなか自分の意思を告げにくいと感じる女性も多いので、そのことを心の片隅に常において行動するようにしましょう。

 

9:会話を楽しめる雰囲気づくりをしましょう

ドライブデートは二人きりで長く過ごすことが出来るのが良いところですが、うまう会話が弾まなければ一気に気まずさが増してしまいます。

車内での娯楽は限られていますので、話題を探そうにもなかなか難しいものです。

そのため、デートに出掛ける前にある程度互いについてよく知っている関係性を築いておくことが大切でしょう。

また、お菓子や飲み物を用意しておくのも良いでしょう。それぞれ好きなお菓子を用意してみたり、運転中の彼に食べさせてあげたりと二人で楽しく過ごせる雰囲気づくりのきっかけにもなります。

 

10:服装にも気を配りましょう

せっかくなら相手に好印象を与えられるような服装にしていきたいですよね。

ドライブデートの時に異性に評判の良かった服装について、男性編・女性編にわけてご紹介させていただきます。

【男性編】服装はシンプルが一番!

どのような服装にしようか色々と悩んでしまうかもしれませんが、実は「シンプルな服装」が一番女性ウケが良いそうです。

夏場のデートでは半袖のTシャツやポロシャツにジーパン、冬はシャツやニット、ジャケットといったカジュアルですっきりとした服装が好まれます。

【女性編】相手を少しドキドキさせるような演出を

ドライブ中は常に座った状態にありますので、助手席に座る彼女を何気なく見たときお互いに並んで歩いている時にはあまり見ることのなかった足元に目がいってしまいます。

いつもより少し足の露出が多いスカートやワンピースでデートに出掛けると、座っているだけで彼をドキドキさせてしまうことが出来ます。

下着が見えてしまいそうなほど短い丈のものなど露骨な服装だとかえって逆効果になることもありますので、あくまで上品な雰囲気を残しておくことが大切です。

 

11:二人で盛り上がれる話題を用意しておきましょう

2人しかいない空間で何時間も沈黙が続いてしまっては、楽しくなかった思い出が残ってしまいます。

2人の共通の趣味や知り合いのことなど、ドライブデートに向けていくつか話題を用意していくとよいでしょう。

ですがどんなに話題を用意してみても尽きてしまうこともあります。

そんな時には相手の思い出の話を聞いてみましょう。

楽しかったドライブの思い出や修学旅行での思い出、友達と旅行に行った時のことなど相手の話を聞くうちに自分の思い出ともリンクするような話題が出てきたりしますので、会話も弾みやすくなります。

また、「もしもシリーズ」を考えて話してみるのも楽しいかもしれません。

「もしも透明人間になれたら…」「もしも探偵になったら…」と日常にはない不思議な条件を設定して話してみるのはゲーム感覚で楽しめることでしょうし、相手の意外な一面を知ることが出来るかもしれません。

SPONSORED LINK

ドライブデート=脈あり!?

誰しもあまりよく思っていない異性と長時間過ごすのは避けたいものですので、ドライブデートに出掛けられるということは少なからず相手に対して悪くは思っていないということです。

ドライブデート中は、相手に対して上手く気配りをして過ごすことが出来ればよい印象を与えられるチャンスとなりますが、逆に自分の悪い面も相手に見つかってしまいやすい環境にあります。

「脈あり」の状態からさらに一歩踏み出すことが出来るのかは当日の振る舞いが大切なようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*