好きな人が忘れない人におすすめの7つの忘れ方


Pocket

昔の恋人を忘れることができないため、好きな人ができない・・・といった悩みに悩まされている人はいませんか?

始まりがあるなら、終わりは必ずあります。

恋も同じ。始まる恋があるならば、終わる恋があります。

自分が新しく好きな人ができたのであれば、昔の恋人を忘れるのはそう難しいことではないかもしれません。

しかし、振られた場合はそう簡単には忘れることが出来ません。

しかも、相手のことがすごく好きであったのにもかかわらず、いきなり別れを告げられたらどうでしょうか。

そこで、ここでは昔の恋人を忘れるための方法をご紹介します。

自分も突然別れを告げられた時がありますが、これらの方法はとても役立ちました。

ぜひ参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

誰かに忘れることを伝える・話す

悩みを誰かに話すことによって、なぜかスッキリして「なぜ悩んでいたんだろう?」と思ったことはありませんか?

また、誰かに目標を言うことで、言葉にしたことが現実のものとなっていると感じることがあると思います。

気になっている子がいるんだけど、好きかどうかわからないといったとき、そのことを誰かに話すと話の終わりごろにはその子を好きなっていることもありますよね。

それと同じで、誰かに昔の恋人を忘れることを伝える、あるいは話してみましょう。

親友や友人、家族、同僚、誰でも構いません。

自分の思いを口にすることで、自分に自己暗示をかける状態となります。

そうなると、自分の考えを実現するため、脳はそのような方向に向かって、無意識に考えが進んでいくようになります。

 

忘れたいことを文字で書いてみる

親友や友人、家族に昔の恋人の話をしにくい人におすすめなのが、忘れたいことを文字で書いてみることです。

「文字で書いたら、逆にそのことを覚えそうじゃない?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、文字で書くことの意味はそこではなく、自分の考えを整理することです。

自分が今、何を悩んでいて何を忘れたいのかを頭の中で考えると、本来の目的を見失い、結果的に忘れることが出来なくなるかもしれません。

人間の頭はネガティブに考えがちです。

だから、忘れることができなかったり、文句を言いたいことがあったりと、自分の心の中の気持ちをノートに書き出しましょう。

この方法は誰かに話すよりもより正直な思いを言葉にできますので、自分の頭の中が整理できるかもしれません。

 

好きなことにのめりこむ

多くの方が何か趣味を持っていたり、好きなことがあるのではないでしょうか。

今まで好きな人に使っていた時間を趣味などに費やしてみましょう。

野球が好きだった人はどこか草野球チームに属してみてはいかがでしょうか。

山が好きであれば、より多くの山を登ることが出来ます。

本を読むことが好きな人は、より多くの本を読めるようになり、幅広い人になることもできるかもしれません。

もちろん、趣味でなくても構いません。

何か資格を取ったり、勉強をするのも良いでしょう。

また、仕事に熱心に取り組み、新たなプロジェクトに参加してみるのも良いでしょう。

 

新たなことをする

今までやりたかったけど、時間がなくてできなかったことはありませんか?

これは趣味の話につながることがありますが、恋人と別れて、確実に増えるのが時間です。

この時間を使って、今までやりたかったけれど、後回しにしていたり、諦めていたことを一つでもトライしてみましょう。

何でも構いません。

何か新しいことに挑戦することで、前向きな気持ちになり、熱中すると昔の恋人のことなど忘れてしまうことでしょう。

 

携帯からデータを削除する

恋人のことを忘れるためにすべきことの一つに、データの削除があります。

ふとした瞬間に、昔の恋人の写真や名前、関連するものを見ると思い出がよみがえってしまうことがあります。

人間の記憶はとても良くできていて、1つのことから芋づる式かつ勝手に記憶がよみがえってきます。

この能力は勉強などには非常に役に立つのですが、忘れたいことがあるときには非常に不便な能力になります。

現代社会で携帯やスマートフォンを見ないことは少なくなりました。

また、SNSなどの普及から、自分の思い出などを簡単に投稿・保存できるようになりました。

そんな携帯電話に昔の恋人の写真や連絡先などのデータがあると、昔のことを思い出してしまいます。

だから、思い切ってデータなどを消してみましょう。

人間は何か行動を起こすことで、前に進もうという気持ちになります。

 

新たな出会いを求める

昔からよく言われるのは、恋を忘れたいなら、新しい恋をすることです。

友人や同僚に誘われた合コンや同窓会など、今まで断っていたイベントに積極的に参加、そして自分から企画をしてみましょう。

もちろん、新たな恋につながるとは限りませんが、自分の気持ちは必ず変化します。

また、様々な人と出会うことで、新たな価値観などが身につくかもしれません。

「考えないようにする。」これはダメ

人間は意識すると、逆に色々なことを考えてしまい、よりそのことを長く記憶してしまう生き物です。

何かを忘れるために、「意識しないようにしよう。意識しないようにしよう。」と考えがちな方がいます。

しかし、もうこの時点ですでに意識してしまっています。

上記の方法を試しても忘れられない人は、逆に考えつくすと忘れられることがあります。

つまり、「自分はあの子を忘れられない。」と考えるのです。

「これって逆効果じゃないの?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

この方法は時間がたてば忘れてしまうことを利用しています。

人間は全てのことを覚えることはできません。

時間がたてばある程度のことを忘れてしまいます。

特に、感情が強く関わっていないことはすぐに忘れてしまいます。

ですから、無理に忘れようとせず、冷静に自分は忘れられないと考えた方がいい場合もあります。

SPONSORED LINK

新たな恋があることを忘れずに

もう新しい恋なんてできない・・・と考える人もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

別れてしばらく落ち込んでいるのは普通なことです。

しかし、恋をすることは素晴らしいことです。

人を愛することは自分を成長させてくれます。

別れも同じです。

別れは自分の足りなかったところ、自分の新たな一面を発見できるでしょう。

別れは決して悪いことだけではありません。

別れから得られたことを新たな恋にいかしましょう。

そして、この記事で紹介した方法で、新たな恋への一歩を踏み出してください。

Pocket